1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ハンマーシリーズ

J SPORTSでサイクルロードレース見るならスカパー!
ハンマーシリーズ スポートゾーン・リンブルフ見るならJ SPORTSオンデマンド

ハンマーシリーズとは

ハンマーシリーズ

ハンマーシリーズは世界最高峰プロサイクリングチームを集結させ、最も多くの競技分野で競わせ、最終的に勝利チームを決めます。
今までのサイクルロードレース界の常識を覆す、ダイナミックで革新的な形式のレースです。
3つの異なる種目で、世界の頂点を決めるチーム戦。ハンマークライム、ハンマースプリント、ハンマーチェイスの3種目。
世界各国で何レースか開催を予定している各ハンマーシリーズでは、全3種目でチームの強さを競う3日間集中型のレースとなります。

このページの上部に戻る


なぜハンマーシリーズができたのか?

ハンマーシリーズ

サイクルロードレースは一般的にチームスポーツと言われていますが、最終的に表彰台に立つのは1人であり、個人が表彰されます。
一方、ハンマーシリーズでは、全種目チーム戦で行い表彰もチーム単位で行われます。
ツール・ド・フランス総合優勝者に与えられるマイヨ・ジョーヌなどを手にする勝者の背後には、チームエースを勝たせるべくチームに献身的にアシストする選手が存在しています。
そのような“チーム”というところに照準をあてた本ハンマーシリーズは、クライム、スプリント、チェイスの3種目をチーム戦で戦います。
チーム全員で勝ちを目指しに行く、今までのサイクルロードレースの分かりづらかった部分をより明確に分かりやすく、そして見やすいレースとして誕生したのがこのハンマーシリーズです。
さらにロードレースそのものだけではなく、エンターテインメント性も重視し、会場内では様々な催し物も行われる予定。
世界中のより多くの人々に“見てもらう”レースとして新しく誕生し、サイクルロードレース界の新たな歴史を創っていくはじめの一歩となります。

このページの上部に戻る



解説 栗村修氏が語るハンマーシリーズ

ハンマーシリーズ

サイクルロードレースのトップチームが集まって、合弁企業のヴェロンが2014年に設立されました。これは放映権を含めたレース全体の収益がなかなかチームに回ってこない現実があり、成熟したプロスポーツとしてはありえない現状です。自転車レースは、チームスポンサーの収益と、レースの賞金以外ありません。ただ、120億円ぐらい売り上げているレースに対して、賞金は5000万円ほどですから、収益の1%も還元されていないのが現実です。そういうことに対して生まれたのがヴェロンで、そこで生まれたのがハンマーシリーズです。これは各チームがレースをやって、レースから収入を得ようというものです。レースの特徴は、UCIで決められた周回10km以上というような規定は関係なく、1デイレースが6時間ぐらいかかるのに対して、レースの時間も2〜3時間で終了します。ハンマーシリーズは、視る側からどうやって楽しめるサイクルロードレースにするかということで、これまでの常識をすべて壊したものです。これまで個人の争いだったものが、チーム戦としてレースを行います。知っている人から見れば、個人の戦いのドラマを楽しむ一方で、初めて見る人にはなんのことだからわからないということがあります。そこで、他のプロスポーツのような仕組みをサイクルロードレースに当てはめて、やれることやれないことを考えて、テレビで見て楽しい。現場に来てもイベントやコンサートもあって楽しい、エンターテイメント型のレースです。

トラディショナルのヨーロッパのスポーツは歴史もあり、レースとしての魅力もあるのですが、アメリカのスポーツはエンターテイメントが基準にあって、見る人が楽しめるようにルールさえ変えていきます。ヨーロッパでは伝統に乗っ取って、そうした新しいものを「悪」と考える傾向にありました。ハンマーシリーズは、よく言えば古き良き伝統、悪く言えば時代の変化に対応できなかったサイクルロードレースの概念を一気にぶち壊していく。だから表彰も個人ではなくチームです。これは歴史的な取り組みですが、まだ初年度ということもあり酷評もあるでしょう。個人としては、これをシリーズ化できたことをまず評価しますし、今後どうなっていくか? にとても興味があります。というのも、ハンマーシリーズは、日本のサイクルロードレースにとってはとても大きな影響を与える可能性があるからです。自転車後進国の日本では、毎回6時間を超えるステージレースで日本全土を回ることは、現状では不可能と言えます。これまでコンパクトなレースで、ステージを設けて楽しませることしかできなかったんです。これまではその距離の短さも含めて、レースとして評価しか得られませんでした。ところが、ハンマーシリーズのレースは、日本と同じようなことをやってきたわけです。ヨーロッパでは文化として1日260kmも走れるようなことが可能ですが、そうでない日本でサイクルロードレースを根付かせようとすると、ハンマーシリーズの形がモデルとなっていく可能性があるわけなので、日本のサイクルロードレースファンの皆様にとっては注目のシリーズになるだろうと思います。

このページの上部に戻る


レース紹介

ツアー・ダウンアンダー

Cycle*2017ハンマーシリーズ
スポートゾーン・リンブルフ

2017年6月2日(金)〜4日(日) 放送予定

6月2日(金)〜J SPORTSオンデマンドLIVE配信
  • コース詳細(公式HP)
  • 詳しい放送予定

みどころ

世界トップチームが参加する新コンセプトのレースがオランダ南部のリンブルフ地方を舞台に6月2日〜4日の3日間で初開催!
「世界最高チームを決める革新的な新プロロードサイクリングシリーズ」がハンマーシリーズの開催コンセプト。

従来のステージレース形式ではなく、「ハンマークライム」「ハンマースプリント」「ハンマーチェイス」の3種目。
参加チームはエントリーした7名の中からそれぞれの種目に適した5名を選出し、個人ではなくチームで総合成績を争う。
丘陵コースで行われるクライマー対象の「ハンマークライム」と、平坦コースで行われるスプリンターを対象にした「ハンマースプリント」を2日間にわたって開催。
いずれも、周回毎にポイントが設定されたポイントレース形式で、そのポイントランキング上位チームから順番に最終日の「ハンマーチェイス」をスタート。
前日までの成績を考慮したタイム差(最大30秒)をつけて行われるチームタイムトライアル形式で、先頭でフィニッシュラインを駆け抜けたチームが総合優勝に輝く。

このページの上部に戻る

©Yuzuru SUNADA


オンデマンド

オンデマンドでサイクル番組を配信中!

※デバイスによりご視聴できないコンテンツがございます。

ハンマーシリーズ

ハンマーシリーズ

©Yuzuru SUNADA

ハンマーシリーズをJ SPORTSオンデマンドでLIVE配信!

番組配信サービス
視聴する
視聴する
視聴する
視聴する

このページの上部に戻る

J SPORTSでサイクルロードレース見るならスカパー!
サイクルロードレースを見るならJ SPORTSオンデマンド!

サイクルロードレース放送予定

番組変更のアイコンについて

  • 生放送生放送でお届けする番組です
  • 初回放送初回放送となる番組です
  • 同日録画同日録画でお届けします
  • 無料放送スカパー!で無料視聴いただけます
  • 休止の可能性あり番組放送の都合上休止となる可能性があります
  • J SPORTSオンデマンドでもご視聴いただけますJ SPORTSオンデマンドでもご視聴いただけます

このページの上部に戻る



J SPORTS オンデマンド
J SPORTSを2週間お試し体験!

Twitter

facebook


ピックアップ動画

自転車の街を走れ!J SPORTSサイクル部 〜さいたまをめぐる旅(前編)〜

自転車の街を走れ!J SPORTSサイクル部 〜さいたまをめぐる旅(前編)〜

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧


サイクルロードレース 人気記事ベスト3

サイクルロードレース記事一覧



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.