1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017 ステージ詳細

THE STAGES
  1. 第1ステージ
  2. 第2ステージ
  3. 第3ステージ
  4. 第4ステージ
  5. 第5ステージ
  6. 第6ステージ
  7. 第7ステージ
  8. 第8ステージ
  9. 第9ステージ
  10. 第10ステージ
  11. 第11ステージ
  12. 第12ステージ
  13. 第13ステージ
  14. 第14ステージ
  15. 第15ステージ
  16. 第16ステージ
  17. 第17ステージ
  18. 第18ステージ
  19. 第19ステージ
  20. 第20ステージ
  21. 第21ステージ
THE STAGES

第1ステージ 08月19日(土) 深夜 0:25〜深夜3:00/J SPORTS 3
[区間] ニーム〜ニーム 13.7km(チームタイムトライアル)

第1ステージ地図

大会史上3度目となるスペイン国外でのスタート

72回目のスペイン一周が、大会史上3回目の外国スタートを切る。3年前からツール・ド・フランス開催委員会が大会オーナーとなり、大会スポンサーにもカルフール(マイヨ・ロホ)やコフィディス(区間優勝)とフランス企業が名前を連ねているのだから、フランスを選んだのは当然の流れだった。ツールの戦いを過去17度見守ってきたニームが、フランス初のブエルタ開幕都市に指名された。

フランス開幕が初めてなら、チームタイムトライアルでの開幕は8年連続。歴史的建築物メゾン・カレと、隣接する現代美術館のコントラストを楽しみながら、9人のメンバーで構成された全22チームが、順に13.7kmのコースへと走り出していく。

途中に名ばかりの3級峠があるだけで(峠を1番に通過したチームの1番通過選手が初日山岳賞)、道はほぼ完全にフラット。ただし市街地コースにありがちな、90度カーブやヘアピンカーブ、Uターンはあちこちに散りばめられている。約1.6km地点で円形競技場を一旦横目で眺めた後、その巨大な闘技場の目の前で、フィニッシュが争われる。

開催委員会の計算によれば、全力疾走タイムは約14分。チームの中で5番目にフィニッシュラインを通過した選手のタイムで、順位付けが行われる。そしてトップタイムを叩き出したチームの中でも、1番先頭でフィニッシュラインを通過した選手が、2017年ブエルタ最初のマイヨ・ロホを身にまとう。

◆高低差図

第1ステージ高低差図

このページの上部へ戻る



J SPORTS オンデマンド
J SPORTSを2週間お試し体験!

facebook


ピックアップ動画

自転車の街を走れ!J SPORTSサイクル部 〜さいたまをめぐる旅(前編)〜

自転車の街を走れ!J SPORTSサイクル部 〜さいたまをめぐる旅(前編)〜

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

LINE サイクルロードレース中継スタンプ

サイクルロードレース 人気記事ベスト3

サイクルロードレース記事一覧

ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.