ペリーヌ・ラフォン(フランス)

ペリーヌはW杯参戦3シーズン目。17歳で優勝。米加が上位を独占してきた世界で久々登場した欧州の新星

ドラマ多き、W杯秋田たざわ湖大会だった。
まずは2月27日のシングルモーグル。

女子の優勝は、ペリーヌ・ラフォン(フランス)。なんと17歳での初優勝を果たした。過去の女王たちは、ティーンエイジで活躍するケースがほとんど。

「五輪金メダルも世界選手権もW杯グランプリもほしい」

と語る夢いっぱいの新世代女王候補が誕生した。
かつてフランスにはラファエロ・モノ、キャンディス・ギルグといった女王が存在した。そんな'90年代以来の大器だ。たざわ湖大会終了時点で、W杯総合順位も3位。表彰台も獲得できる。

ブラッドリー・ウィルソン(アメリカ)

膝靱帯断裂からの復帰即優勝は、異例中の異例。しかも度肝を抜くスピードは、異次元ともいえる。

男子の優勝は、絶対王者ミックことミカエル・キングスベリー(カナダ)を振り切ったブラッドリー・ウィルソン(アメリカ)。ミックですら23秒台で滑るコースで、ただひとり決勝で21秒台を連発。圧巻のスピードで、他を圧倒した。
ブラッドリーは'14季に膝靱帯を断裂した。今回はそれ以来の復帰戦だった。過去2回のW杯優勝は、いずれも日本の大会でのものだった。故にあえて復活試合は、

「たざわ湖大会を選んだ」

という。大怪我のブランク後、さらに強くなって帰ってきた。

そして2月28日のデュアルモーグル。

女子の優勝は、デボラ・スカンジオ(スイス)。'03季から出場の大ベテランだ。29歳でのW杯初優勝となった。ちなみに、このたざわ湖大会に出場した選手の中では最年長である。
「どれだけの時間がかかったことか! やっと上り詰めることができた」
という優勝コメントからも感慨深い感情が現れた。

デボラ・スカンジオ(スイス)

世界選手権表彰台の経験もあるデボラ。しかし優勝は、W杯14年目で初めて。かつてはイタリア代表、今は母国スイス代表

男子の優勝は絶対王者ミックだ。これまでの3戦、優勝から遠ざかっていただけに気合が入った。
しかし、2位となったトーマス・ローリー(アメリカ)、3位表彰台を獲得したベンジャミン・カヴェ(フランス)など、上り調子な選手の勢いが目立った。もはやミックも、”絶対”ではなくなってきている。そんな印象すら抱かせた。

では、日本チームは?

原大智(チームジョックス)が、世界レベルであるのは疑いようがない。シングル戦では、自己最高の4位と表彰台目前。ファイナル1もスーパーファイナルも2番目のタイムと、スピードが際立った。そして今季、8戦目まで全戦決勝進出。これだけの安定感がある選手は、過去の日本チームにはいない。まだ18歳。さらにレベルアップする可能性は十分。表彰台の常連にもなれるはずだ。

原大智(チームジョックス)

カナダを活動拠点にして急成長。18歳にして、早くも日本のエース格に成長。表彰台獲得は目前と言えよう

早いもので、今週末で今季最終戦だ。
会場は、ロシア・モスクワ。なんとスタジアムの特設バーンでの開催になるのだ。コース長は150m程度、エア台は1つという特別ルールになるという。
思い切った試みだが、これが成功するなら、「W杯モーグル東京大会」なんてことも将来あるのではないだろうか。
男子はミックの総合優勝がたざわ湖で決まったが、女子はクロエとジャスティンの姉妹が9点差の僅差でクリスタルトロフィーを争っている。どんな結末となるのか、見逃せない。

photo

Bravoski(ブラボースキー)
今年で創刊32周年を迎えた双葉社発刊のスキー専門誌。‘90年代中盤からフリースタイルスキーに着目し、‘98年長野五輪・モーグル種目で里谷多英、上村愛子らが活躍してモーグルが一大ブームとなる。現在ではフリースタイルスキー(パウダー、パーク、モーグル)の専門誌として年間3冊発刊している。ウェブマガジンBravoski.comは毎日更新中。

お知らせ

J SPORTSオンデマンド

J SPORTSオンデマンド『ウインタースポーツパック』
アルペンスキー、モーグル、スキージャンプ、ロシアフィギュア、全米フィギュアが見放題!

ウインタースポーツパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割で月額900円 (税抜)でご利用いただけます!
詳しくはコチラ≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ