葛西紀明

帰国した葛西紀明選手に和やかに健闘を称える土屋ホームスキー部川本総監督

プレフツ

気迫がこもる王者プレフツ(スロベニア)

今季、早々と個人総合優勝を決めたプレフツ(スロベニア)は、とみに安定した勝利を重ねて栄冠を手にした。
それも前年の最終戦までもつれてのフロイント(ドイツ)に敗れた悔しさにまみれての、タフな夏場のトレーニングと、ジャンプ後半に伸びを見せるスロベニアの新型テクニックの習得で、もぎ取ったのだった。

来季は2月にラハティ世界選手権が開かれる。
やはりここでメダルを獲得すること、上位に入ることが現時点における実力の証明、各人、それが最大の目標となる。そしてその勢いをもって2018平昌五輪へと進むのがセオリー。それだけに世界選手権での表彰台が五輪のメダル獲得には重要なターゲットとなる。

ティティゼー・ノイシュタット(ドイツ)の代替え試合となった、最終戦シリーズの3月17日(木)にW杯出場500試合の金字塔を打ち立てた葛西紀明(土屋ホーム)は、笑顔に包まれながら帰国を果たした。
そこで札幌にある土屋ホーム本社にて単独のインタビューを試みた。

――世界的に評価される偉大な記録、W杯出場500試合達成して思うことは、どのようなことでしょう。

葛西「長いようで短かったなと思いました。気が付いたらもう500試合でしたね。それが近づいてくるにつれって、やはり気になり始めて。それでもケガしないようにという気持ちも先に立ち、500試合の当日は少し、攻めが足りないジャンプになってしまった(笑)」

―― とてもうれしいことでしたね。現地の応援は盛大でした。

葛西「そうでもないかなと思っていたら、いえいえ、プラニツァの会場の皆さんが大きな声援を送ってくれて嬉しかったです。でも、これは通過点であると思っています。いつもトレーニングしていても衰えは感じませんし、飛んでいてのひらめきもあり、つかめたこともあります。それは一連のジャンプの流れによる、目線、腰の位置、重心、タイミング、方向など、何も考えることなく自然体でやり遂げることができたのです」

―― 自分のジャンプが完成の域にきたということでしょうか。

葛西「そうですね、どのような状況においても冷静に自分のスタイルのジャンプができる。それはジャンプが固まってきたということでしょう。あの小学や中学生の頃に下川のジャンプ台で、無心に飛んでいた、その感覚なんですよ。案外、メダルを獲得したソチ五輪のときもそのようなイメージでしたね」

―― というのは、ジャンプの内容はどうなのでしょう。

葛西「いわゆる、そのときの主流選手、アダム・マリシュやヤンネ・アホネン、トーマス・モルゲンシュテルンやグレゴア・シュリーレンツアウナーなどのジャンプをじーっと観ていて、その良いところを取り入れるという。その時々の彼らの飛びを真似してみて、それを自分のベーシックなテクニックにうまく組み込み、積み重ねていくという意識で、でき上がっていたのが、いまの私のジャンプスタイルです」

―― それが、いま、ついに凌駕のときを迎えたということですね。

葛西「そうです! カサイ・オリジナル・テクニックの完成です。道具やルールそして毎度のように技術が変わっていく中で、そこに対応できている自分がいるのです。普段からの創意と工夫ですね。それも幾年も進化しながらなんです」

―― では、この先の目標になってくるのは。

葛西「W杯でしっかりと成績を残すこと。それでTOP10以内を維持して、予選免除になり次の段階を狙っていく。予選を飛ぶ、飛ばないは大きいですよ。余計な頭を使わなくてもいいですし、なによりも疲れない。それに体力温存ができる(笑)」

―― 最終的にはどのようなビジョンを持っているのでしょうか。

葛西「あと10年はジャンプを続けていきたいですね。ヒザや腰のケアを充分に行ないながら。今度のラハティで開催される世界選手権は3回目の出場です、そこで金メダルを取りたいですね。それとW杯での最年長優勝記録、いつでもこれがほしくて。だから、とことん頑張っていけるのです」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ