4月3日の日曜日に開催されたツール・ド・フランドル第100回大会は、現ロード世界王者のペーター・サガンが、残り33km地点からのアタックをものにし、最後は独走で制した。ロード王者としては、先週のヘント〜ウェヴェルヘムに続く、2勝目。サガンにとっては、これが初めてのモニュメント勝利となる。

レースの展開

4月3日、日曜日。ツール・ド・フランドル、記念すべき第100回大会の朝。ブルージュのマルクト広場。
ステージでサインインが始まったときには空を覆っていた雲が次第に晴れ、選手たちがスタートラインに向かうころには、青空が顔をのぞかせた。

スタート前のセレモニーでは、ヘント〜ウェヴェルヘムのレース中の事故が原因で亡くなったアントアーヌ・デモアティエ選手(ワンティ・グループゴベール)の死を悼み、1分間の黙祷が捧げられた。人々で埋めつくされたマルクト広場が静寂に包まれ、25歳の短い生涯を閉じた若者に、それぞれが思いを向けた。

スタートからレースコースを辿ること25kmのホーフレーデでは、クリテリウム・アンテルナシオナルのレース中に体調を崩し、治療の甲斐なく22歳の生涯を閉じた、ダーン・ミングヘール選手(ルーベ・メトロポール・リール)を悼むセレモニーが行われた。レースコースを見下ろすように、教会広場に飾られたミングヘール選手の写真の前に、レース委員長ヴィム・ファンヘレヴェット、元選手のペーター・ファンペテヘム、チーム関係者、レース関係者らが白い花のリースを捧げる。ホーフレーデの町を駆け抜けていく選手たちの背中を、ミングヘール選手の笑顔が見守っていた。

#RideForAntoine、#RideForDaanのメッセージをバイクにつけたワンティ・グループゴベールの8人を含む25チーム、200人の選手は、マルクト広場を10:15にスタート。美しく、厳しい255kmの道のりが、ここから始まった。

「天候が良いから、かなりハイペースの、タフなレースになるんじゃないかな」
これまでに3回フランドルを制したトム・ボーネンが予測したとおり、ニュートラル・ゾーンから各チームが好ポジションを虎視眈々と狙う展開。地元チーム、トップスポートフラーンデレン・バロワーズがまず最初のアタックに出たのをきっかけにと、そこから90分に及ぶ熾烈なアタック合戦が繰り広げられた。最初の1時間の平均速度は46.4km/h。スタートから70kmでついに、ヒューゴ・ホール(AG2R・ラ・モンディアル)、イマノル・エルビーティ(モビスター)、プレーベン・ヴァンヘッケ (トップスポートフラーンデレン・バロワーズ)ら、6人からなるこの日の逃げが決まった。

逃げが決まったことで、レースはいったん落ち着くが、それもほんのひととき。100km地点からは、この大会の勝負どころとなるヘリンゲン(坂)とカセイエン(石畳)が次々と登場し、激しい位置取り争いが始まるからだ。

今大会では3度通過するオウデ・クワレモント(1回目)を越えたあたりから、集団クラッシュが連続して発生し、何人かの有力選手がレースから姿を消した。
最初は、オウデ・クワレモントの直後。この落車により、ミラノ〜サンレモ優勝者のアルノー・デマール(FDJ)がリタイア。続いて、エイケンベルグの直後に、バイクから外れて転がったドリンク・ボトル(ビドン)が原因で落車が発生し、ティシュ・ビノート(ロット・ソウダル)らがリタイア。プロ入り2年目のネオプロながら、昨年初出場のフランドルで5位に入賞したビノートにとっては、悔しい幕切れになった。パッテストラートの石畳区間を抜けてすぐの143km地点では、BMCの選手たちが集団で落車し、2月のセミクラシック、オムループ・ヘット・ニウスブラットで優勝したフレフ・ヴァンアーヴェルマートは、右鎖骨骨折でリタイアを余儀なくされた。

レースは残り100km。この日6番目(全体で18の上りが登場する)の上り、レベルグにさしかかる。トニー・マルティン(エティックス・クイックステップ)の牽引で集団が分断する中、集団前方からアンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)がアタック。これにニルス・ポリッツ(カチューシャ)も加わり、1分半ほどのタイム差で先行する逃げグループを追う。

もともと6人だった逃げグループでは、だんだんとペースが乱れ始め、3人が完全に脱落。追走してきたグライペル、ポリッツが、千切れかけていたホールを回収しつつ、エルビーティとヴァンヘッケに合流。このあと、同様に集団から抜け出したデミトリ・グルージェフ(アスタナ)とディミトリー・クレイス (ワンティ・グループゴベール)もブリッジを成功させ、オウデ・クワレモント(2回目通過)を前に、先頭は7人になった。

オウデ・クワレモントを進むメイン集団からは、スティン・ヴァンデンベルフ(エティックス・クイックステップ)が、ディラン・ファンバーレ(キャノンデール)と共にアタック、パテルベルグの石畳で集団を引き離し、先頭グループへのブリッジをもくろむ。

お知らせ

J SPORTSでサイクルロードレース徹底放送!
グランツールを中心に注目大会を生中継!

パリ〜ルーベ 4月10日
アムステルゴールドレース 4月17日
フレッシュ・ワロンヌ 4月20日 リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 4月24日  ほか
»ご加入はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ