スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2016-2017シーズンがいよいよスタート!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、トップスケーターをゲストに迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
新シーズン幕開けを飾るゲストは14歳(9月6日現在)の若さで世界の舞台で戦い続ける日本フィギュア界希望の星、島田高志郎選手です。第1回ではスケートを始めたきっかけや、過去大会の思い出など、中学生らしい島田選手のキュートな一面を話してくれました。

スケートを始めたきかっけ

――改めまして、島田高志郎選手です。今回のこの「KENJIの部屋」の一番最年少。今、何才?

島田:今、14才です。中3です。

――中3か。受験生だね。

島田:いや、もう中学受験して入ったんで、そのまま。

――そうや、高志郎くん勉強もできるもんね

島田:いや、できないです。

――いや知ってるよ、聞いてるよ

島田:最初だけがんばりました。受験だけ頑張りました。

――得意科目は?

島田:国語だったんですけど、最近もうわからなすぎて。副教科が好きになりました。

――そうなんや(笑)。で、今回、岡山に縁のある選手を呼んでるんだけど、高志郎くんは岡山出身ではないん?

島田:出身ではないです。

――出身はどこ?

島田:愛媛です。

――愛媛なんだ。なんでまた岡山に来ることになったの?

島田:最初は長沢先生が岡山にいることを知って、教わりたいなということで岡山に引っ越しました。

――最初は愛媛で練習をしてたの?

島田:初めて滑った幼稚園の時から小学4年生まではずっと愛媛で。

――あ、そうなんや、で、一番最初に滑りに行ったのが楽しくて、スケート始めた?

島田:ほんとに楽しすぎて。

――その時はお母さんと行ったの?

島田:そうです。兄も行きました。

――あ、そうか。で、すぐ滑れるようになったん?

島田:いや全く。壁にしがみついて。

――そうなんや(笑)。でも、サッカーと野球してたんやっけ?

島田:サッカーを。他にも体操とか水泳とかテニスとかも。スポーツしかやってなかったです。

――テニス似合いそう、すごい似合いそう。その中でもやっぱりスケートを選んだのはなんで?

島田:単純ですけど、ほんとに一番楽しくて。これが上手になったらどんな風になるんだろう?っていうイメージがつかないのが逆に楽しくて。

――なんか、高志郎くんはいつもきちんとした答えを言ってくれるよね

島田:いえいえ(笑)。

憧れの選手

――たまに話聞いてへん時あるもんな。あんまよくわかってへんけど「はい」って(笑)。スケートで、憧れてる選手は?

島田:ほんとにたくさんいますけど、高橋大輔選手とか、町田選手とか。それこそほんと、羽生選手も。みんな好きです。

――誰かって言うと?

島田:うーん。やっぱり一番最初は高橋大輔選手。ずっと最初からってことです。

――どこの部分が?

島田:ほんと表現者っていうところで。バンクーバーで僕虜になってしまいました。

――虜になったん(笑)?でも、高志郎くんの表現力はすごいやん

島田:ありがとうございます。

――あ、ごめんね、振付中にいつも俺が爆笑してしまって

島田:いえいえ(笑)。

――もうほんとに、こう、すごいんですよ表現力が。練習の時から。ほぼ目つぶってるもんな

島田:(笑)。

――目つぶってほんと気持ち良さそうに滑る。それを見て、良い意味で笑ってる

島田:ありがとうございます。

スケーティングの憧れはパトリック・チャン

――あこがれの選手で表現は、高橋大輔選手。じゃあスケーティングは?

島田:スケーティングは、理想が高すぎるんですけどパトリック・チャン選手。

――ほう、すごいね。じゃあジャンプは?

島田:ジャンプは羽生選手です。

――羽生選手!じゃあスピンは?

島田:スピンは、ランビエール選手。

――もう最強やん(笑)!

島田:よくばりです(笑)。

――よくばり?理想がすごいな。良いと思う

島田:ありがとうございます。

お知らせ

KENJIの部屋

◆J SPORTSオンデマンド
「ウインタースポーツパック」では
KENJIの部屋を配信!

【岡山男子スペシャル】
岡山県にゆかりのあるスケーター島田高志郎選手、無良崇人選手、田中刑事選手が登場!

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ