葛西紀明

じっくりとした調整を続ける葛西紀明(土屋ホーム)

葛西紀明はもはや欧州で伝説の人、レジェンドと呼ばれている。

あれは、ジャンプ週間の開幕直前に行なわれるオーベルスドルフ(ドイツ)の記者会見においてのことだった。15年連続してのジャンプ週間出場を祝う表彰を受けた。
そのとき、どこからともなく、
「これはもうレジェンドの域にあたる。そうだカサイはレジェンド」という声が、記者席からあがってきた。
それはつまり、ジャンプに精通する欧州のベテラン記者たちから自然発生的に出てきたのだった。ゆえに重みがあるのは言うまでもない。
昨今、巷では流行のようにレジェンドと、さまざまな現象や人名に使われるようになったが、この葛西が受けた最高のレジェンド称号は、まさしく本物に与えられる栄誉である。それだけにリアルなまでのレジェンドなのだ。
なんとなく、軽々しく使われてほしくないのは、ジャンプファンの本音といえるもの。

土屋ホームスキー部の左から伊藤将充、小林陵侑、伊藤有希、葛西紀明

土屋ホームスキー部の左から伊藤将充、小林陵侑、伊藤有希、葛西紀明

冬本番のために、11月14日(月)に早くもフィンランド遠征合宿に出かけた土屋ホームスキー部だった。
ヤンネ・バータイネンコーチの故郷クオピオおよびフィンランドオリンピックトレーニングセンターのヴオカッティ、さらには北方向にあるロバニエミの雪の状況をリサーチしながらの調整トレーニングと雪上におけるジャンプ練習。そこで充分に身体を慣らして25日クーサモ・ルカでのW杯開幕戦を迎える。
チーム土屋の監督を兼ねる葛西紀明、小林陵侑、伊藤将充、女子TOP2伊藤有希の4選手は、10月後半から白馬で合宿を重ね、アイストラックが完成したノーマルヒルとラージヒル全日本選手権に出場して、順調にトレーニングを積み上げた。
「もう少し減量したいんですけどね。ベストは59圓らい、あと2圓蝋覆蕕覆い箸諭なかなか断食もきつくなってきている年頃ですから〜」
と言って葛西は、あたりに笑いを振りまいた。

お知らせ

ジャンプ週間全4戦を含む男子注目大会を17戦以上生中継中心に放送&オンデマンド配信!

11月25日 (金) 深夜00:45〜 生中継&LIVE配信
男子ラージヒル ルカ/フィンランド
>>特集ページ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ