2年連続最下位を免れ、5位でシーズンを終えた東北楽天ゴールデンイーグルス。梨田昌孝氏を監督に迎えた新体制のもと、多くのけが人を出しながら新人やエースも奮闘。

紆余曲折のシーズンを、今年からジュニアコーチに就く鉄平氏と永井怜氏がズバリ振り返ります。

かつて、首位打者にも輝き、俊足で球団記録の13三塁打を持つ鉄平コーチと、岩隈久志と田中将大とともに先発の柱としてチームを支えた永井コーチは、現在は解説者としても活躍中。

チームの歴史を知り、選手たちを知る投打の元選手が、今季のイーグルスや注目の若手選手、エースや投手事情、来季までを一挙総ざらい。今だから話せる裏話まで、みどころ満載の対談の様子を厳選してお伝えします。詳しくは番組で!

◆鉄平・永井コーチ、「言葉にするのは難しい」

鉄平氏

鉄平:今シーズン、まずは我々から振り返ってみようか。お互いに解説者として1年目、どうでした?

永井:解説者というより自分自身の勉強という意味で、いい1年目だったんじゃないかなと思いますね。鉄平さんはどうでしたか?

鉄平:解説者になるって周りに知られた時、「あいつ大丈夫か」「鉄平、しゃべれるのか」って、色んなところから聞こえてきてね(笑)。自分自身もすごい不安だったよ。どのぐらいしゃべれるのかと。野球のことはある程度はわかるつもりでいるけれど、ちゃんとわかるように話さないといけない。

永井:言葉にするって難しいですよね。

鉄平:うん、感覚でやってきたものを言葉にするって難しいよね。だから、それをどの程度できるのか、自分の中でもかなり未知数だったよね。幸い周りが思っていたよりもできているらしいけど、まだまだ勉強していかないといけないなと。

お知らせ

東北楽天ゴールデンイーグルス 2016 シーズンレビュー
【鉄平&永井が見たイヌワシ達の2016】
鉄平と永井怜が今年のイーグルスを総括。
解説者としてグラウンド外から初めてチームを見た2人が、独自の視点で分析。
イーグルスで一時代を築いた2人が、徹底追求します。
12月17日(土) 午後0:00〜 J SPORTS 2

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ