いつもの季節、欧州クリスマスが終わると、欧州中のスポーツファンはもう、いてもたってもいられなくなる。 そう、フィアシャンツェントルネ、フォーヒルズトーナメント、ジャンプ週間がやってくるからだ。 レギュラーシーズンのW杯、もちろんそれが地元開催国の選手が勝利して会場がおおきく盛り上がる。そのひとつの節目となる年末年始のジャンプ週間は、この4試合だけの個人総合優勝が争われ、そこに巨額な賞金と公式スポンサーのアウディからこれまた高性能のクルマが一台プレゼントされる。選手たちは完全にそれを狙いにゆくのである。

葛西紀明(土屋ホーム)

世界選手権に合わせている葛西紀明(土屋ホーム)にあせりはない

立ち上がりの12月はやはりというべきかジャンプスーツに規制が入れられ、この犠牲になった!?竹内択(北野建設)の失格である。それもサマーグランプリで優勝と第2位という実績においてのチェックとなり、本人よもやの状況であったことだろう。
そこはレジェンド葛西紀明(土屋ホーム)ではなく、JPN2番手であろう竹内にぶつけてくるというその意図とは。ではあるが、それをやろうものなら日本のジャンプファンを一気に敵に回すことになる。であれば、2月の札幌W杯をみていなさいともなりかねない。

竹内 択(北野建設)伊東大貴(雪印メグミルク)

(左)好調の夏からさらにステップアップをはかる竹内 択(北野建設)(右)夏場からじっくりとした調整を続けていた伊東大貴(雪印メグミルク)

それらの間隙をぬってエンゲルベルクW杯で第5位に入ってきたのが昇り調子にある伊東大貴(雪印メグミルク)、彼は深秋から入念に仕上げに取りかかっていた。
「いろいろな風が吹いてきても、びくともしないテクニック。追い求めるのはそれなんですね。じっくりと調整していきます」これが冬に功を奏した。
しっかりとしたアプローチ姿勢で的確にウエイトを乗せて、その感覚を研ぎ澄ましていくことが重要であると。 「微妙に調子が上がらずに苦労していましたが、ほんのちょっと手を入れてみて、目線とか。いい感じになってきましたね。そうです、これからですよ」と葛西はその強い意思を持って突き進む。秋口からこれまで減量に苦しんでいたその葛西も12月中盤になってようやく復調のきざしが見られるようになり、葛西、伊東、竹内の3人がそれぞれW杯でひとケタ入りを目指していく。
今シーズンはそれでよい。あくまでターゲットは2月のラハティ世界選手権(フィンランド)におけるメダル獲得、それにピークを合わせてのメンタルコントロールになってくる。

お知らせ

アルペンスキー FIS ワールドカップ 16/17
男子注目大会を20戦以上生中継中心に放送!

スキージャンプ FIS ワールドカップ 16/17 男子ラージヒル【ジャンプ週間】
12月30日(金)深夜 0:30〜 生中継
1月1日(日)午後9:50〜 生中継
1月4日(水)午後9:50〜 生中継
1月6日(金)深夜0:30〜 生中継

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでもスキージャンプを配信中!
月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ