1回戦、勝利を喜ぶ茗渓フィフティーン

12月30日(金)、大阪・東大阪ラグビー場で行われている「花園」こと全国高校ラグビーは3日目の2回戦、16試合が行われる。

いよいよシード校13チーム(Aシード:3、Bシード:10)が登場。大阪、兵庫、京都など近畿の高校も出場するため、大会は大いに盛り上がりを見せるはずだ。

やはり、みどころはノーシード校がシード校を破る「シードバック」が起きるかであろう。まず第1グラウンドの試合から見ていこう。

◆第1ラウンド ※J SPORTS 1で生中継
午前09:30 浜松工 vs. 東福岡
午前10:45 山口 vs. 松山聖陵
午後00:00 岡谷工 vs. 東京
午後01:15 大阪桐蔭 vs. 朝明
午後02:30 御所実 vs. 尾道
※太字はシード校

1試合目はAシードで優勝候補筆頭の東福岡(福岡)に、1回戦を快勝して突破した浜松工が挑む。

東福岡はキャプテンのLO(ロック)/NO8(ナンバーエイト)箸本龍雅を中心としてFW(フォワード)の平均体重約100kgを誇り、優勢は動かない。

浜松工は1回戦同様にセットプレーからのアタック、そして組織ディフェンスでどこまで粘ることができるか。NO8大塚滉生のキャプテンシーに期待したい。

2試合目はともに1回戦で快勝した山口(山口)と松山聖陵(愛媛)が対戦。69年ぶりに勝利を挙げた、SO(スタンドオフ)右近幸也らBK(バックス)の展開力が光る山口か。

それとも花園で初勝利を挙げたキャプテンHO(フッカー)三好優作が引っ張る松山聖陵か。どちらが元日に駒を進めることができるだろうか。

3試合目は、春の選抜大会でベスト4に進出したBシード・東京(東京第1)に、1回戦で接戦を制した岡谷工(長野)が挑む。

東京はLO青木智成らを軸とした伝統のモールと、前に出るディフェンスだけでなく、キャプテンSH(スクラムハーフ)春野日向、SO杉浦拓実のハーフ団を中心とした攻撃も強力。

一方の岡谷工はキャプテンHO北原寿哉を中心に、決定機でモールを使って確実に得点を挙げたいところ。

4試合目は春の大阪王者でBシードの大阪桐蔭に朝明(三重)がチャレンジする。大阪桐蔭はFWに高校日本代表候補3人、BKもキャプテンのCTB(センター)松本健留ら大型な選手も多い。

2年生ハーフ団、SH(スクラムハーフ)松山将輝、SO(スタンドオフ)江良楓のゲームコントロールにも注目。

一方の朝明はNO8芝弘太郎を中心としたFWでどこまで対抗できるか。そしてディフェンスでプレッシャーをかけてクロスゲームに持ち込みたい。

FWからの尾道のトライ

5試合目は、国体で単独チームで優勝したAシードの御所実(奈良)と、中国大会王者の尾道(広島)が激突する。

昨年度は花園に出場できなかった御所実は、その悔しさをバネに大きく成長した。副将FL(フランカー)城間賢ら、鍛えられたFWのモールを軸に、しっかりとスペースにボールを運ぶ能力がある。

WTB(ウィング)朝倉健裕らの決定力も高い。悲願の初優勝のためにも、キッチリと勝利することができるか。

一方の尾道もLO中村俊介ら、高校日本代表候補3人を擁するFWで、どこまでプレッシャーを与えることができるか。

また、伝統のディフェンスで相手の攻撃をどこまで止めることができるか。いずれにせよ、2回戦とは思えないレベルの高い試合となろう。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドで全国高校ラグビー大会全試合LIVE配信
10人制ラグビーブリスベン・グローバル・テンズ、スーパーラグビーも全試合配信!!!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ