1月5日(木)、大阪・東大阪市花園ラグビー場で「花園」こと全国高校ラグビーの準決勝2試合が行われる。

ベスト4に進出したのは東福岡(福岡)、御所実(奈良)、桐蔭学園(神奈川)のAシードの3校と昨年度の王者でBシードの東海大仰星(大阪第1)と順当な4校となった。

抽選の末、組み合わせは下記の通りになった。準決勝1試合目は一昨年度の決勝と、2試合目は昨年度の決勝カードと同じになった。

◆1月5日(木) ※J SPORTS 1で生中継
・12:45 東福岡(福岡)vs. 御所実業(奈良)
・14:15 東海大仰星vs. 桐蔭学園(神奈川)

1試合目はAシード同士の激突となった。「春の選抜大会」「夏の7人制大会」と合わせて「3冠」に邁進する東福岡。

突進する東福岡LO箸本キャプテン

準々決勝の京都成章戦こそ、今シーズン初めて追う展開となったが、それでもキャプテンのLO(ロック)箸本龍雅、PR(プロップ)小林賢太、NO8(ナンバーエイト)福井翔太らフィジカルとスキルに長けるFW(フォワード)陣がしっかりと働いて逆転勝利に貢献。

BK(バックス)も準々決勝でトライを挙げたSO(スタンドオフ)丸山凜太朗、WTB(ウィング)山下太雅らラン能力に秀でる選手が揃い、CTB(センター)森勇登のキックの成功率も高い。

東福岡は、準々決勝でタフなゲームを勝ちきったことで、「次のゲームにつながる」と藤田雄一郎監督が言うとおり、準決勝には気を引き締めて臨めることができるはずだ。

ゲーム運びの上手い御所実に対して、平均体重100kgのFWでプレッシャーをかけつつ、しっかりとスペースと隙を突いてトライに結びつきたい。前評判通り、東福岡が「3冠」に向けて、一歩、駒を進めることができるか。

御所実のSO北村キャプテン

対する御所実は、一昨年度はファイナリストになったものの、昨年度は県内のライバル・天理に1点差で敗れて花園に出場できなかった。

そのため「ディフェンスからやってきた」と竹田寛行監督が言うとおり、単独チームで国体優勝、そして花園でも準々決勝まで失点は7点のみとディフェンスが好調。

2年前の花園にも出場しているキャプテンSO(スタンドオフ)北村将大がしっかりとゲームコントロールし、キックを上手く使って敵陣で戦う意識も高い。

また副キャプテンLO城間賢を中心としたモールが武器であり、モールを起点としたトライだけでなく、モールでボールをキープしてアタックの時間も増やしたいところ。

御所実が悲願の初優勝に向けて、まず、2年前のリベンジを果たすことができるか。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドで全国高校ラグビー大会全試合LIVE配信
10人制ラグビーブリスベン・グローバル・テンズ、スーパーラグビーも全試合配信!!!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ