2016年J1は第1ステージ11位、第2ステージ7位で、年間では10位という不完全燃焼の結果に終わった横浜F・マリノス。木村浩吉監督(現:日本サッカー協会育成ディレクター)が指揮した2009年以来の2ケタ順位に終わった。今季ラストタイトルとなった天皇杯も29日の準決勝・鹿島アントラーズ戦で0−2と苦杯を喫し、何も得られないままシーズンを終えることになってしまった。

にもかかわらず、2015年からチームを率いるエリク・モンバエルツ監督の続投が決定しており、主力選手からの不満が少なからず噴出している。2010年春に欧州から戻った時点では「生涯マリノス」の意向を示していたエース・中村俊輔にもジュビロ磐田への移籍話が浮上し、本人も考えあぐねるほど、チームは大きく揺れ動いているのだ。

横浜市出身で、マリノスジュニアユースで育ち、桐光学園を経て、97年に入りした中村俊輔は、当時から強い「マリノス愛」をたびたび口にしていた。2002年夏にはイタリア・セリエAのレッジーナへ移籍し、2005年夏にはスコットランドの名門・セルティック、2009年夏にはリーガ・エスパニョーラのエスパニョールの門を叩いたが、欧州の最前線で戦っている間もマリノスのことを忘れたことはなかったようだ。

だからこそ、彼は長年の夢だったスペイン挑戦を途中で断念して古巣復帰に踏み切った。もちろん2010年春の段階では「南アフリカワールドカップまでに試合勘を取り戻し、トップパフォーマンスを出せる状態にしたい」という大きな狙いはあったが、「マリノス再建」に貢献したいという気持ちがなければ帰国の決断は下せなかったはず。そこは紛れもない事実と言える。

お知らせ

16/17 イングランドプレミアリーグ

◆ 16/17 イングランド プレミアリーグ
強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
プレミアリーグ相関図はこちら »

また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ