圧巻の演技で会場を沸かした中国のウェンジン・スイ/ツォン・ハン組が栄えある栄冠に輝いた。ウェンジン・スイの怪我により復帰戦となった今大会、優勝を決めた後に「数々の苦難を乗り越えて、私たちはこの大会で復活することができた」とコメント。喜びを噛み締めた。2位にはメーガン・デュハメル/エリック・ラドフォード組が食い込み「ここでの経験を世界選手権、さらに来シーズンへと繋げていきたい」とさらなる飛躍を誓った。

1位 ウェンジン・スイ/ツォン・ハン組/225.03(SP:80.75/1位、FS:144.28/1位)

<SP>(ウェンジン・スイ)まずは両足の手術から復帰し、出場できたことを幸せに思う。今大会が今シーズンの初戦なので、競技会に戻ることができ、試合の雰囲気を味わう喜びもありつつ、緊張感も少しあった。初お披露目となるFSの「明日に架ける橋」は、怪我から復帰した私たちのストーリーそのもの。とても過酷で険しい道を乗り越えてきたので、心を揺さぶられるものだった。

<FS>怪我明けの復帰戦なので、優勝できるとは思っていなかった。オリンピックの会場での試合を経験できたことはとても重要で、素晴らしい雰囲気の中で良いパフォーマンスを披露できたことを誇りに思う。今回のメダルは復帰にあたって支えてくれた人たちに捧げたい。数々の苦難を乗り越えて、私たちはこの大会で復活することができた。

2位 メーガン・デュハメル/エリック・ラドフォード組/212.23(SP:74.31/3位、FS:137.92/2位)

<SP>カナダ選手権のときよりレベルアップした良いパフォーマンスができたと思う。ミスは残念だったが、いつも完璧というわけにはいかない。ミスがあった時は、立て直した上で、プログラムを魅せるということが難しくなるものだが、今回はそれができたと思うので満足している。

<FS>今シーズンまだ波に乗り切れず、今日もいわゆるタフなスケートだった。そんな中でも踏みとどまり、良い部分も披露できたことはを誇りに思う。ここでの経験を世界選手権、さらに来シーズンへと繋げていきたい。

お知らせ

◆ISU四大陸フィギュアスケート選手権2017【インタビュー&記者会見 拡大版】
平昌五輪のテスト大会を選手のコメントから振り返る
<放送>
男子SP:03月06日 (月) 午後06:00〜午後11:20
男子FS:03月07日 (火) 午後06:00〜午後11:20
女子SP:03月08日 (水) 午後05:30〜午後11:20
女子FS:03月09日 (木) 午後06:00〜午後11:20
アイスダンスSD:03月13日 (月) 午後04:30〜午後08:00
アイスダンスFD:03月13日 (月) 午後08:00〜深夜 00:00
ペアSP:03月14日 (火) 午後03:30〜午後06:30
ペアFS:03月14日 (火) 午後06:30〜午後10:30
詳細は特集ページで≫

☐ お申し込み
テレビで見るなら「スカパー!」 詳しくはこちら≫
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」 詳しくはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ