3シーズン振りに復帰した2012年金メダリストのテッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組がSP、FSを共に制し、久々の王者の座に輝いた。2位には兄弟での出場のマイア・シブタニ/アレックス・シブタニ組。3位にはマディソン・チョック/エヴァン・ベイツ組が表彰台に立った。

1位 テッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組/196.95(SP:79.75/4位、FS:117.20/1位)

<SD>良い演技ができたものの、修正すべき点もある。世界のトップに立つには取りこぼしは許されないので、さらに完璧を求めていきたい。オリンピック会場で滑るのはとても特別で素晴らしい気分だった。

<FD>四大陸チャンピオンとなれて光栄だ。ここでの経験はオリンピックへと繋がっており、この会場での良いイメージを作ることができた。今年競技に復帰して想像以上に成果と自信を手にできた。世界選手権までの5週間でさらにベストを目指して努力したい。

2位 マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ組/191.85(SP:76.59/2位、FS:115.26/2位)

<SD>オリンピック会場で良い演技ができてとても満足している。このプログラムの良さを自信を持ってアピールして、観客とも繋がることができた。ここで滑っていると1年後に迫ったオリンピックの事を想像せずにはいられない。

<FD>今シーズン一番の演技を2つ揃えることができて、とても誇りに思っている。このオリンピック会場でそれを達成したことで、来年に向けて良いイメージを持つことができて興奮している。世界選手権に向けてこのまま練習を重ねたい。

お知らせ

◆ISU四大陸フィギュアスケート選手権2017【インタビュー&記者会見 拡大版】
平昌五輪のテスト大会を選手のコメントから振り返る
<放送>
男子SP:03月06日 (月) 午後06:00〜午後11:20
男子FS:03月07日 (火) 午後06:00〜午後11:20
女子SP:03月08日 (水) 午後05:30〜午後11:20
女子FS:03月09日 (木) 午後06:00〜午後11:20
アイスダンスSD:03月13日 (月) 午後04:30〜午後08:00
アイスダンスFD:03月13日 (月) 午後08:00〜深夜 00:00
ペアSP:03月14日 (火) 午後03:30〜午後06:30
ペアFS:03月14日 (火) 午後06:30〜午後10:30
詳細は特集ページで≫

☐ お申し込み
テレビで見るなら「スカパー!」 詳しくはこちら≫
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」 詳しくはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ