「新加入選手の活躍というのは我々にとってサプライズではなく、しっかりと分析して、厳選して獲った選手ですので、まだまだこれから彼らの力はもっと出てくると確信しています」。アウェイで迎えた開幕戦の試合後。ヴィッセル神戸を率いるネルシーニョ監督はこう口にした。『しっかりと分析して、厳選して獲った選手』。彼らの新たな挑戦は勝利という、素晴らしい形でその第一歩目が記された。

「応援が今までと違ったりとか、選手とかも『ああ、こうやってここに動くんや』とか『こういうサポートの仕方すんねや』というのは色々違う所はありますけど、楽しくやっています」。大森晃太郎。24歳。ジュニアユース時代からガンバ大阪一筋だった彼は、今シーズンから青黒のユニフォームではなく、クリムゾンレッドのユニフォームへ袖を通す決断を下した。意外な移籍と見る向きもあったかもしれないが、本人の意志は明確だ。「サッカー人生は短いので色々なサッカーを知りたいというか、ガンバにおればタイトルを狙えるチームだというのはありますけど、もう1回イチからチャレンジしたいという気持ちになったんです」。言うまでもなく青黒に深い愛着を抱いていたものの、あえて厳しい環境へ飛び込む道を選んだ。初めての移籍にも大森の“基本”は大きく変わらない。どこにいても「やりたいことをやる」。神戸で過ごす日々は「充実し過ぎて、日が経つのがメッチャ速い」そうだ。

熾烈な競争に打ち勝って掴んだ開幕スタメン。ポジションは右サイドハーフ。ただ、「ずっと僕は左サイドをやっていたので、ぶっつけ本番でしたけどね」と笑いながら明かす。同じ右のサイドバックを務める高橋峻希を高い位置に押し出しつつ、自らは時折最終ラインまで落ちながらセンターバックのパスを受け、ビルドアップのリズムを創る。「あそこにパッと降りて、相手もどっちに付いていいかわからんポジションを取ることによって、ボールを回せるんじゃないかなと思って降りたりしました」と振り返る大森の、バランスを取る動きは一見地味ではあるものの、この気の利かせ方は間違いなく彼の持ち味でもある。時には最終ラインで、時には右サイドの一番高い位置で、時にはボランチの横で。チームのバランスを最優先させた大森は先制した直後、72分に小川慶次朗との交替でヴィッセルでのデビュー戦を終えた。

「バランスとかを気にする監督なので、『もうちょっと崩してもいいかな』と思う場面もありましたけど、そこをきっちりやった上でもっと自分の色を出していけたらいいかなと思います」という言葉の後。「基本的には『出し切れ』みたいな感じなので、それを意識する部分はありますけど、90分出られるようになりたいですよね」と少しだけ“想い”が滲む。今は監督の意図を自分の中で咀嚼しつつ、持ち味を出すタイミングを探っている。その壁をもう1つ打ち破った時、きっと今以上に指揮官からの揺るぎない信頼を得られるのだろう。「1日がすぐ終わっちゃっているんで、ホンマにサッカー三昧というか、今は『朝から晩までサッカー』みたいな感じです」。大森にとって勝負の年となる2017年シーズンは、勝利と共にその幕が上がっている。

お知らせ

16/17 イングランド プレミアリーグ

◆ 16/17 イングランド プレミアリーグ
強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
プレミアリーグ相関図はこちら »

また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ