1月25日にスイス・スーパーリーグのヤングボーイズからベルギーのジュビラープロリーグ(1部)・AAヘントへ移籍した久保裕也。彼の勢いが止まらない。

1月29日のブルージュ戦で新天地デビューを飾るや否や、直接FKで初ゴールをゲット。続く2月5日のズルテ・ワレゲム戦でもPKで得点を奪った。

「最初の2試合は全くいいプレーはしてない。ただ結果が出ただけ。両方出れば一番いいので頑張っていきたい」とその時点で本人は極めて慎重な物言いを見せていた。

実際、次の11日のKASオイペン戦、19日のスタンダール・リエージュ戦ではともに無得点。前者は4−2−3−1のトップ下で先発したが、引いてブロックを作る相手に苦戦を強いられ、久保が下がってゲームメークをせざるを得なかった。「僕がパッサーになってしまっている。自分のやりたいことはそうじゃない」と不完全燃焼感を口にしていたが、ゴールに思うように近づけない不完全燃焼感を吐露していた。

後者のゲームは3−4−2−1の右シャドウで先発し、右アウトサイドのフォケ、ボランチのネトらとの新たな関係が生まれたことで、ボールが来るようになったが、シュート数は少なかった。それでも本人は「1週間でこれだけを変われるということはまだまだこれからだと思う。4試合やってパスの受けどころも分かってきたし、そこで受けた後にどうプレーしていくかを考えていけばいい」と前向きにコメントしていた。

最初に壁にぶつかり、自分なりにどうすればいいかを真剣に模索したことが、その後の爆発につながったのだろう。

お知らせ

16/17ドイツ ブンデスリーガ

◆ 16/17ドイツ ブンデスリーガ
日本人選手が多くプレーすることでも注目を集めているブンデスリーガ。
今シーズンは注目試合を毎節3試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ