マンチェスター・シティvs.リヴァプール

去る1月、エヴァートンに0-4で負けた3日後に、ペップ・グアルディオラは選手数名を引き連れてマンチェスターの映画館に足を運んだ。鑑賞した作品は、話題のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』である。 これがいい気分転換になったのか、その後のシティーは公式戦11試合無敗、その間27ゴールと攻撃陣が華麗に舞い踊った。その道程ではモナコを5-3で破り、CLベスト8進出にも大きく近づいた……はずだったのだが、12試合目、敵地での第2戦で1-3のリベンジを許し、アウェーゴール差によって欧州制覇の夢が一瞬で泡と消えてしまった。

試合前には「攻撃こそ最大の防御なり」と意気込んだペップだが、フタを開けてみれば前半のシティーは1本のシュートも撃てず、若くてイキのいいモナコ攻撃陣にただ圧倒された。2点リードで迎えたリターンレグで、フェルナンジーニョの前に5枚のアタッカーを並べた決断は正しかったのか? ヤヤ・トゥレを先発させ、攻め気よりも安定を重視する選択肢はなかったのか? そんな声を聞いても、ペップは「戦術ミスはなかった」と譲らない。 結果を出さなければ未来はない。頭ではそう理解するが、ペップはプロセスのない結果に価値を見出さない。だから無難に守り勝つなんて発想はなく、「大切なのは我々のDNA、スタイルに忠実であること。この試合では、後半しかそれができなかった」だけなのだ。

お知らせ

16/17 イングランド プレミアリーグ

第29節 16/17イングランドプレミアリーグ
3月19日(日)深夜1時23分〜J SPORTS 2
マンチェスター・シティvs.リヴァプール
プレミアリーグ相関図はこちら »

強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ