ただし、“飛車”は健在でも“角”が落ちるのが今節のパレスだ。守備の要、ママドゥ・サコーが起用できないのである。3月以降に限ればトッテナム、リヴァプールに次ぐリーグ3番目の勝ち点を稼いでいる彼らの好調の原動力が、冬にリヴァプールから借りてきたフランス人DFの超人的な守備だったことはビッグ・サムも認めるところ。ところが、ローン移籍のルールによってサコーはこのカードに出られないのだ。 「ママはとても良いDFだ。ストロング・ボーイだし、タックルもブロックも良い。彼が出られないのは、パレスにとって最高のニュースではないだろうね」
昨年夏の“遅刻問題”に端を発し、サコーとは冷戦中のクロップもそう認めている。
アラダイスがサコーの穴埋めを期待するのは、これまた3人目の元レッズ、マージーサイド出身のマーティン・ケリーだ。そもそもトムキンスや主将のダンをケガで欠いていたパレスは、ここ数試合で本来は右SBのケリーをCBで起用し、これがハマっている。

あとは“隠し味”にベンチから闘魂を注入できれば、チェルシー、アーセナルに次いでリヴァプール相手の大物食いも不可能ではないように思えてくる。その責務を担うのは、もちろんビッグ・サムの右腕である「リトル・サミー」ことサミー・リーだ。 ベンチで顔を真っ赤にして飛んだり跳ねたりを繰り返す、ずんぐりむっくりの名コーチ。プレミア好きにはお馴染みの彼もまた、リヴァプールの元MFであり元コーチだ。かつて「マージーサイドで一番熱い選手」と呼ばれた怒れるレジェンドの様子にも、ぜひ注目してみよう。

photo

フットメディア
Foot!でもお馴染み、スポーツコメンテイター西岡明彦が代表を務めるスポーツメディア専門集団。 語学が堪能で、フットボールに造詣が深いライター陣のコラムは、様々な媒体において高い評価を得ている。 J SPORTSでは、プレミアリーグ中継やFoot!などの番組演出にも協力している。

お知らせ

16/17 イングランド プレミアリーグ

第26節 16/17イングランドプレミアリーグ
4月24日(月)17時00分〜J SPORTS 2
リヴァプールvs.クリスタル・パレス
プレミアリーグ相関図はこちら »

強豪クラブがひしめく世界最高峰プレミアリーグの注目試合を毎節5試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日~金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ