対するチーフスはほぼベストメンバーが揃った。フォワードは前節から3名変更となり、前節チーターズ戦でリザーブに入っていたPRシーグフリード・フィシホイ、LOドミニク・バード、元東芝のFLリアム・メッサムがスタメン入り。

元日本代表キャプテンのNO8リーチ マイケルは4戦連続のスタメンとなった。今季もデイヴ・レニー ヘッドコーチの信頼を勝ち取り、優勝候補の一角・チーフスでレギュラーに定着している。

バックスの変更は1名で、身長190センチながら快足を誇るショーン・スティーブンソンが右WTBに入った。

ハーフバック団はSHタウェラ・カーバーロー、SOアーロン・クルーデン。両CTBは22歳のアントン・レイナートブラウンと、21歳のサム・マクニコルの若手コンビ。最後尾は、4月20日に22歳の誕生日を迎えたばかりのFBダミアン・マッケンジーだ。

コンディションの面では、フォースが有利な条件下にある。

ホーム3連戦の2戦目で、なおかつBYEウィーク(休みの週)明けであるフォース。一方のチーフスは海外ツアー3連戦の最終戦となる。

お知らせ

スーパーラグビー

J SPORTSオンデマンドでスーパーラグビー全142試合配信

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ