ミケーレ・スカルポーニ選手

ミケーレ・スカルポーニ選手の2002年から歩んできた自転車競技人生に敬服し、謹んで追悼の意を表します。


ミケーレ・スカルポーニがこの世を去った。2017年4月22日の朝、フィロットラーノの自宅からトレーニングに走りだし、交差点で軽トラックにはねられた。37歳の命が儚く散った。

自転車選手としては、すでに大ベテランの粋に達していた。今年でプロ生活は16シーズン目を迎え、「もはや個人的な夢を追い求める年齢じゃないさ」なんて語っていたという。

若き日に抱いていた夢は、きっと、マリア・ローザを身にまとうことだったはずだ。2002年にプロ入りし、同5月に生まれて初めて出場したイタリア一周では、いきなり18位の好成績を収めた。2009年大会ではステージを2つ勝ちとり、翌年は総合4位と、初めてひと桁台の成績を出した。そして2011年、ミラノのドゥーモ大聖堂の前で、ついに総合表彰台に上った。アルベルト・コンタドールから6分10秒遅れの、上から2番目だった。

翌2月、コンタドールの成績剥奪により、思わぬ形で総合覇者のタイトルを与えられる。2012年大会の開幕直前には、前年大会の優勝トロフィーとピンク色のジャージも受け取った。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ