バイエルン・ミュンヘンのリーグ5連覇が決まるなど、ドイツ・ブンデスリーガもまさに大詰めを迎えている。6日のヘルタ・ベルリン戦を4−1で勝利した2位・ライプツィヒもUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)本戦出場権獲得が決定。1部初昇格からわずか1年で欧州の大舞台に参戦することになった。ドルトムントもホッフェンハイムとの3位を賭けた直接対決に2−1で勝利。UCLストレートインに大きく前進した。

こうしたUCL争いが繰り広げられる中、ヘルタもUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権確保へ最後の戦いの渦中にいる。ライプツィヒに敗れ、2連敗を喫した彼らの勝ち点は46のまま。何とか5位を死守しているが、同じ第32節でブレーメンを4−3で下した6位・ケルンが1ポイント差に肉迫。7位・ブレーメンもケルンと同勝ち点で追いすがっている。

ヘルタの残りカードは最下位・ダルムシュタットと、ハビエル・エルナンデスやシュテファン・キースリング、カイ・ハヴェルツらを優れた攻撃タレントを擁しながら下位に沈むレヴァークーゼン。とりわけ後者は手ごわい相手だ。最近のヘルタの勢いのなさ、自慢の守備崩壊を考えると、簡単に勝てるとも思えない。

ELに出場できるか否かは原口元気の去就にも大きな影響を及ぼす可能性がある。目下、ドイツでは原口の契約問題が大きく報じられている模様。現在のヘルタとの契約は2018年夏までだが、クラブ側は2021年夏まで3年間の延長を申し出ているという。

しかし、本人はもっと攻撃的に使ってくれるクラブへの移籍を希望していて、昨年末から現在に至るまでサインをしていない。

お知らせ

16/17ドイツ ブンデスリーガ

◆ 16/17ドイツ ブンデスリーガ
日本人選手が多くプレーすることでも注目を集めているブンデスリーガ。
今シーズンは注目試合を毎節3試合放送!!
また「デイリーサッカーニュース Foot!」では、月曜日〜金曜日までサッカーファンに必見の情報をお届け!
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ