福岡 堅樹

福岡 堅樹

スーパーラグビー2017第11節は、5月5日〜7日にかけて各地で行われ、日本のサンウルブズはアルゼンチンのジャガーズに、逆転負けを喫した(スコアは、39−46)。それでも、ほとんどの選手がアルゼンチン代表の強豪に対して、果敢に攻めて5トライをあげ、タックルした相手から何度もボールを奪うなど、逞しい戦いぶりはチームの成長を感じさせた。SO田村優は好サポートから2トライをあげたほか、正確なプレースキックと冷静な判断でチームを牽引したが、その上を行くパフォーマンスを見せたのが、WTB福岡堅樹とFB松島幸太朗だった。

福岡は第7節までBKの軸として活躍したが、その後のニュージーランド遠征には参加せず、調整ののち、アルゼンチン遠征に召集された。リフレッシュした福岡はジャガーズ戦で爆発的なスピードを何度も披露。開始1分のCTBウィリアム・トゥポウのトライも、松島のキックを追い、相手に競り勝って福岡が確保したことでチャンスが広がったものだ。味方がミスしたボールに素早く反応し、相手のキックも俊足を生かしてフェアキャッチするなどピンチを何度も防いだ。また、前半26分、ジャガーズにトライを奪われた直後のキックオフでは、高く蹴り上げられたボールを追い、22mライン付近でダイレクトにキャッチしてチャンスを作り、スーパーラグビーのレベルでも図抜けたスピードを見せつけた。

お知らせ

スーパーラグビー

J SPORTSオンデマンドでスーパーラグビー全142試合配信

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら
★特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ