レースシーズン真っ盛りのヨーロッパ。毎週のように様々なカテゴリーのレースがどこかのサーキットで開催されています。「FIMスーパーバイク世界選手権」はアラゴン(スペイン)、アッセン(オランダ)と転戦し、第5戦の舞台はイモラ(イタリア)です。「J SPORTS」では5月12日(金)〜5月14日(日)に開催される第5戦の決勝レースを5月15日(月)からオンエア。また「J SPORTSオンデマンド」では5月13日(土)のレース1から生中継で楽しめます。ぜひご覧ください。

圧倒的な強さを見せるジョナサン・レイ(カワサキ)

圧倒的な強さを見せるジョナサン・レイ(カワサキ)

2017年シーズンはここまで8レースを終えて、王者ジョナサン・レイ(カワサキ)が今季も圧倒的な強さを披露。8レース中7勝というJRらしい超特急ぶりを見せつけています。もう止められない速さですね。前戦のアッセンではジョナサン・レイとトム・サイクスが2レース共に1−2フィニッシュ。今年もカワサキZX−10Rのポテンシャルは強烈なアドバンテージを持っていること。ライバルたちがその差を埋めるために苦労し、カワサキに翻弄されていることが分かります。

ただ、これはあくまで個人的見解なんですが、カワサキのチームとライダーの仕事ぶりは素晴らしくも、マシンのポテンシャルがどうやってもライバルが勝てないレベルにまで高いのかと言われると、そこまでのアドバンテージではないと感じます。特にカワサキの中でも全てレイが優勝していることからも、レイの速さの中に余裕が垣間見える走り、そしてレース終盤までのタイヤのマネージメントが大きなアドバンテージであるという印象を受けます。

お知らせ

【モータースポーツが見放題!】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、スーパーフォーミュラ、WRC
ニュルブルクリンク24時間レース、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ