★★★:篠山竜青(川崎ブレイブサンダース #7)

サンロッカーズ渋谷との第1戦でチーム最高の21点を奪っただけでなく、4Qの苦しい局面で追撃を食い止めるうえで大きな意味のある3Pを決めた。3Pはポイントガードとして2アシストは少ないといえ、5本打った3Pをすべて成功させるなど、26分36秒間でEFF(貢献度)23はすばらしい。ゲーム2も11本中8本のFGを決めての18点。ハーフタイムで26点リードするなど試合の主導権を握るきっかけとなる1Qで8点、渋谷の追撃を振り切った4Qで10点と大事なところでいい仕事をし、川崎が2連勝でセミファイナル進出を決める原動力になった。

お知らせ

★★J SPORTSオンデマンドでは三菱電機 Presents第66回 関東大学バスケットボール選手権大会 決勝を会員無料でLIVE配信!★★


高校バスケ・ウインターカップで活躍した選手たちも出場する、関東大学バスケットボール選手権決勝をLIVE配信!準決勝も配信いたします。

※J SPORTS IDへの登録(無料)が必要です。

★詳しくはコチラ>>
★特集ページはコチラ>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ