全力でハンマーを振りおろし、新しい世界への扉をぶち破る。そんな野心的な新形式レースが、この世に誕生した。6月2日から4日までの週末まるごと使って、オランダのリンブルフ地方で、ハンマーシリーズの記念すべき第1戦目が開催される。

革命的!とか、自転車レースの未来!と銘打たれた大会ではあるけれど、果たしてなにが新しいのだろうか。真っ先に上げられるのは、完全なるチーム戦であること。

一般的に自転車ロードレースとは、チームスポーツ形式で行われる個人競技、である。たとえば現行のグランツールはチーム単位での出場しか認められておらず、1チーム9人制・全22チームがスタートラインに並ぶ。ところが毎日のステージ勝者として表彰台に上がるのは1人=個人だし、3週間の果てに総合リーダージャージを勝ち取るのもまた、1人=個人。チーム全体としての健闘が公式に讃えられる機会は、チーム総合順位等、ほんのわずかしか存在しない。ただ世界選手権では1962年から1994年まで国別チームタイムトライアルが行われており、2012年にはトレードチームによるチームタイムトライアルとして生まれ変わった。現クイックステップが3回、BMCが2回、それぞれチーム世界チャンピオンの座に輝いてきた。

お知らせ

熱き魂の戦いを見逃すな!
■ハンマーシリーズ スポートゾーン・リンブルフ
6月2日(金)〜4日(日) 生中継&LIVE配信 »詳しくはこちら

その他レースの放送情報も続々公開!今年も珠玉のドラマに酔いしれよう! »詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ