イングランドでもスペインでも、「選手個人の合意は取りつけている」という報道が大勢を占めている。「この交渉にダビド・デヘアの譲渡が含まれた場合、移籍金は大幅に減少する」との見方もある。いずれにせよ、アルバロ・モラタ(レアル・マドリード)とマンチェスター・ユナイテッドの交渉は、大詰めを迎えたと判断してよさそうだ。ハネムーン終了後、モラタはアンデル・エレーラの休暇先に赴くという。

この情報を、ウェイン・ルーニーはどのように受け止めているだろうか。情報を一切遮断し、トレーニングに明け暮れているのかもしれない。コリン夫人とふたりの息子さんがビーチで遊ぶ姿をみながら、日がな一日ビールを飲んでいるのかもしれない。はたして、危機感を抱いているのだろうか。

昨シーズンも、端から勝負を捨てていた。ズラタン・イブラヒモビッチと定位置を争うような言動はなく、与えられたポジションでお茶を濁す。通算得点数でユナイテッド史上最多の250を記録したとはいえ、またしても失望の一年だった。コンディションもつねに悪く、腰まわりのだぶつきが目立つ……。だからこそジョゼ・モウリーニョ監督は、イブラヒモビッチが左ひざの重傷で戦列を離れた後も、マーカス・ラシュフォードとアントニー・マルシャルを優先したのである。

お知らせ

インターナショナルチャンピオンズカップ2017

欧州サッカー プレシーズン大会!!
バルセロナ×レアルマドリードの”クラシコ“、マンチェスターダービーなど注目カード多数!
全19試合を7月18日(火)から「欧州サッカーセット」で全試合生中継!

»詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ