ゴール前での落車

ゴール前での落車

ルクセンブルクのモンドール=レ=バンを出発しフランスのヴィッテルへ向かう207.5kmの移動ステージ。翌日にヴォージュ山脈ステージを控えるため脚を極力温存したい、そんな意図があったのだろうか、ゼロキロファーストアタックで飛び出したのはギヨーム・ヴァンケイスブルク(ワンティ・グループゴペール)ただひとり。ヴァンケイスブルクもしばらく様子をみていたが、合流する選手がいないことを確認し単独でペダルを漕ぎ進めた。

スタートから22kmまでのメイン集団の平均時速は29.3kmとのんびりしたペース、タイム差は最大13分程度まで開いたが中間スプリントポイントでは3分差まで詰めた。ヴァンケイスブルクの後でアルノー・デマール(エフデジ)、ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)、アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)、マルセル・キッテル(クイックステップフロアーズ)の順番で通過、ヴァンケイスブルクはそのまま逃げ続け4級山岳ポイントと敢闘賞を獲得し、190.5kmを通過したところで集団に吸収された。

各チームの位置どり争いで速度は徐々にあがり、幾つものロータリーをこえ、うねる道をチーム カチューシャ・アルペシン、モヴィスター チーム、エフデジらが縦一列トレインを組んで滑るように進んでいく。コフィディス、ソリュシオンクレディ、ディメンションデータ、バーレーン・メリダらのトレインも前に出る。ラスト5kmでは勾配を駆け上がり、時速70m近い速度で坂道をくだり90度のカーブを曲がると市街地へ。

さらに2回の90度カーブでトレインが崩壊、フラムルージュ手前でマイヨ・ジョーヌ着用のゲラント・トーマス(チーム スカイ)やディラン・フルーネウェーヘン、ロバート・ワグナー(共にチーム ロットNL・ユンボ)、マッテオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ)、新城幸也(バーレーン・メリダ)らの集団落車が発生。キッテルは巻き込まれなかったものの失速、ゴールスプリントには間に合わなくなった。

ラスト300m、ユルゲン・ルーランツ(ロット・ソウダル)の発射台からグライペルが飛び出すと、アレクサンドル・クリストフ(チーム カチューシャ・アルペシン)が先頭へおどり出る、ナセル・ブアニ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)は番手に。その背後でサガンと接触したマーク・カヴェンディッシュ(チーム ディメンションデータ)が落車し、ジョン・デゲンコルブ(トレック・セガフレード)とベン・スウィフト(UAEチームエミレーツ)が避けきれず巻き込まれた。フランスチャンピオンジャージを纏うデマールがサガンの背後から加速しブアニの前をすり抜けガッツボーツでゴールに飛び込み、今大会初のフランス人勝利をもたらした。デマールはグランツール初勝利、ポイント賞でも1位へ浮上、マイヨ・ヴェールを獲得した。

2着だったサガンはカヴェンディッシュとの接触が危険行為と判断され、UCIの規定により失格処分となった。

「ツールで勝利するというのは尋常ではない!ゴール手前での落車でだめかと思ったけれど、思いっきり踏んだら勝てた、とても嬉しい」(デマール勝利後インタビュー)

「今日は無難にプロトンの前の方にいることに集中した。落車は逃げ道がなくて引っかかったけれど大丈夫だった、カヴェンディッシュが心配」(トーマスレース後インタビュー)

第4ステージ結果

1 アルノー・デマール(エフデジ/フランス)in 4h 53'54''
2 アレクサンドル・クリストフ(チーム カチューシャ・アルペシン/ノルウェー)at 00'00''
3 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル/ドイツ)at 00'00''
4 ナセル・ブアニ(コフィディス、ソリュシオンクレディ/フランス)at 00' 00''
5 アドリアン・プティ(ディレクトエネルジー/フランス)at 00' 00''
6 ユルゲン・ルーランツ(ロット・ソウダル/ベルギー)at 00' 00''
7 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)at 00' 00''
8 マヌエーレ・モーリ(UAEチームエミレーツ/イタリア)at 00' 00''
9 ティシュ・ビノート(ロット・ソウダル/ベルギー)at 00' 00''
10 ゼネク・スティバール(クイックステップフロアーズ/チェコ)at 00' 00''
・・・
53 新城 幸也(バーレーン・メリダ/日本)at 00' 00''

個人総合順位

1 ゲラント・トーマス(チーム スカイ/イギリス)in 14h 54'25''
2 クリス・フルーム(チーム スカイ/イギリス)at 00' 12''
3 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)at 00'12''
4 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ディメンションデータ/ノルウェー)at 00' 16''
5 ピエール・ラトゥール(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル/フランス)at 00' 25''
6 フィリップ・ジルベール(クイックステップフロアーズ/ベルギー)at 00' 30''
7 ミカル・クヴィアトコウスキー(チーム スカイ/ポーランド)at 00' 32''
8 ティム・ウェレンス(ロット・ソウダル/ドイツ)at 00' 32''
9 アルノー・デマール(エフデジ/フランス)at 00' 33''
10 ニキアス・アルント(チームサンウェブ /ドイツ)at 00' 34''
・・・
17 サイモン・イェーツ(オリカ・スコット/イギリス)at 00' 45''
19 リッチー・ポート(ビーエムシー レーシングチーム/オーストラリア)at 00'47''
20 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)at 00'48''
23 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル/フランス)at 00'51''
25 ファビオ・アル(アスタナ プロチーム/イタリア)at 00'52''
26 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)at 00'54''
100 新城 幸也(バーレーン・メリダ/日本)at 03'21''

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ