第4ステージを制したデマール

第4ステージを制したデマール

たいくつな長距離ステージの最後に、事件が待っていた。スプリント中にペーター・サガンとマーク・カヴェンディッシュが接触し、英国人が激しく地面に叩きつけられた。アルノー・デマールがトリコロールの栄光をたっぷりひけらかし、自己にとってのツール区間初勝利と共に、2006年大会以来の「フレンチスプリンター勝利」をもぎ取ったというのに、話題は世界チャンピオンのレース追放にさらわれてしまった。

蒸し暑く、気だるい夏の午後だった。スタートと同時に、ギヨーム・ヴァンケイスブルクが弾丸のように飛び出して行くと、集団はぴたりと蓋を閉じた。コース地形は完璧なるピュアスプリンター向きで、行く手に待ち構える山はちっぽけな4級峠がひとつだけ。しかも、200km超のステージはこれで連続3日目だし、前日のうんざりするような起伏で足は疲れ気味だし、気候の極端な変化に体がついていかないし、本物の休息日はまだ1週間も先で……。

「プロトン内では、足が痛い、っていう声がかなり聞かれました。距離の長さもそうですし、昨日は全部合わせて標高2600mも上りましたからね。だから、こんな日に逃げるなんて、無茶なんですよ」(新城幸也、フィニッシュ後インタビューより)

もちろん、ヴァンケイスブルクだって、自分がやっていることは自殺行為だということくらい十分に悟っていたのだ。いくらツール・ド・フランス初体験だとは言っても。

「飛び出してすぐに、自分が1人だと気が付いた。『このまま誰もついてこなかったら、すごい苦行になるぞ』と思った。ただ監督から、そのまま行けとの指示を受けた。『もしかしたら、そのうち他の選手が追いかけてくるかもしれないから』って。でも、誰もついてこなかった。振り返ってみたけれど、誰ひとり、いなかった。長くて孤独な1日だった。1人で向かい風の中を走っていると、なおのこと孤独を感じるものだね」(ヴァンケイスブルク、TVインタビューより)

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ