「彼が接触してきて、フェンスに突っ込んだ」

ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)は、第4ステージの最終スプリントで落車を誘発する危険な走行をしたとして、ツール失格処分という最も重い処分を受けることとなった。当初は集団内の最後尾ゴール(115位)への降格、スプリントポイント80ポイント剥奪、総合タイム30秒加算という処分が発表されていたが、その発表の2時間後、最悪の処分が発表された。

ボーラ・ハンスグローエは、失格の決定に賛同しかねるため公式に審判団に抗議を提出したと発表している。

ペーター・サガンはインタビューに対して次のように話した。

「スプリントの時、マーク・カヴェンディッシュが後ろにいるとは知らなかった。彼は右側から近づいてきて、僕はただクリストフの後輪を追っていた。マークが後ろからかなりのスピードで現れて、僕はそれに反応して左に避ける時間がなかった。彼が接触してきて、フェンスに突っ込んだんだ。フィニッシュの後、マークが落車したと聞いた時は、すぐに彼の様子を見に行った。僕らは友達であり、プロトンの同僚でもある。こんな事故は最悪だ。マークの怪我が早く治ることを望んでいる」

一方、マーク・カヴェンディッシュ(チーム ディメンションデータ)は次のように話した。

「ペーターとは良い仲だけど、今回の件はね…彼が蛇行したとしてもそれはいいんだ。でも肘がね…あんな風に肘を突き出すのはよくないんじゃないかな。ペーターとは良い関係だ。事故は事故で仕方ない。ただあの肘についてはきちんと知りたいね」

先日のマルセル・キッテル(クイックステップフロアーズ)のコメントが実現したかのように、ペーター・サガンは予期せぬ形でツールを去ることになった。後味の悪さが残るが、第5ステージは1級山岳の頂上フィニッシュ。総合勢の争いが始まる。

引用:http://www.cyclingnews.com/news/peter-sagan-bora-hansgrohe-protest-decision-to-disqualify-rider-from-tour-de-france/
http://www.cyclingnews.com/news/tour-de-france-sagan-sparks-cavendish-crash-during-vittel-sprint/

翻訳協力者:坂田裕希/家徳悠介


☐ ツール・ド・フランス 2017
ツール・ド・フランス2017 いよいよ7月1日開幕!
全21ステージ独占生中継!
»詳しくは ツール・ド・フランス特設サイトへ

☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ