今週のプレミアムゴールは、J1第18節の浦和レッズ対アルビレックス新潟、後半34分に決まった、ラファエル・シルバの逆転ゴール!

このところ絶不調に陥っている浦和。前半35分にコーナーキックからカウンターを食らい、先制を許した。前節で川崎フロンターレに敗れたあと、ミハイロ・ペトロヴィッチが「連勝できなかったら辞任する」と啖呵を切っただけに、重苦しい。

自慢の攻撃は錆びついてぎこちなく、こんな状況で2点を取り返すことができるのか、と。

しかし、後半29分、コーナーキックの流れから森脇良太のミドルシュートがゴールポストを叩き、こぼれたボールを阿部勇樹が蹴り込んで同点に追いついた。阿部は腕を突き上げ、野生の咆哮。恥ずかしがりで口下手のキャプテンが、試合の空気を一変させた。

その5分後、再びコーナーキックから、ラファエル・シルバが飛び込んでダイビングヘッド。これはGK守田達弥にセーブされたが、最近9試合ゴールがなかったストライカーは止まらなかった。ダイビングヘッドで倒れそうになった足を踏ん張り、ヨロヨロのバランスでこぼれ球に飛びつく。そして、身体を投げ出してボレーシュート。執念あふれる逆転ゴールだった。

決してきれいな形ではないし、監督があまり重視していないセットプレーから、どうにか奪った2得点。最下位チーム相手の試合内容としては褒められるものではなく、浦和のサポーターも複雑な気持ちを抱えているようだ。

お知らせ

インターナショナルチャンピオンズカップ2017

欧州サッカー プレシーズン大会!!
バルセロナ×レアルマドリードの”クラシコ“、マンチェスターダービー、ミラノダービーなど注目カード多数!
全19試合を7月18日(火)から「欧州サッカーセット」で全試合生中継!

»詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ