まさかの総合首位交代劇が起きた。アルデンヌクラシック風でもあり、上れるスプリンター向きでもあるコースで、風と分断が多くの選手を苦しめた。クリス・フルームはチームメートに惜しみない感謝を贈りつつ、たった2日でマイヨ・ジョーヌを取り戻した。1日中プロトン先頭で働いてきたチームサンウェブとBMCレーシングチームの俊足エース対決は、マイケル・マシューズに軍配が上がった。

またしてもファーストアタックが決まった。これまでの平地区間と同様に、バトルは一切起こらなかった。人生最後のツール・ド・フランスだというのに、いまだ少々逃げ足りないトマ・ヴォクレールが、前日に続いてスタートフラッグと共に飛び出した。素早く反応できたのはチモ・ローゼン、マキシム・ブエ、そしてトーマス・デヘントのみ。少しだけ遅れてレト・ホレンシュタインが合流を果たすと、これにて打ち止めとなる。

いや、むしろ、逃げ合戦は許されなかった。すぐさまサンウェブとBMCが集団前方で横一列になり、プロトンに固く蓋を閉めたからだ。地形的には大逃げだって可能なはずだった。しかし「上れるスプリンター」マシューズを有する前者と、ワンデークラシックスペシャリストにして、2年前に同じフィニッシュラインで栄光をつかみ取ったフレフ・ヴァンアーヴェルマートを擁する後者が、制御不能な人数を飛び出させるつもりはなかった。

つまり大逃げの果てにマイヨ・ジョーヌの日々を通算20日間も楽しんできたヴォクレールや、今区間を含む逃げ距離がダントツナンバーワンの通算約590kmに達したデヘントにとっては、少々不満の残る1日となった。「スプリンターチームの作戦にはうんざり。もうおなかいっぱい」(テレビインタビューより)と、引退まで1週間と1日に迫った38歳はこぼし、「正直言って勝つ脚はあった。でも、そのためには、一緒に逃げてくれる協力者が必要なんだ」(ミックスゾーンインタビューより)と、ベルギーの髭面は肩を落とした。

5人は決して3分以上のリードをもらえなかった。ラスト32km地点でデヘントが独走を始めてからは、ただじわじわと距離を詰められていくだけだった。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ