ツールにおいて合計5度のステージ優勝経験を持つトニー・マルティン(チームカチューシャ・アルペシン)、第15ステージのレース終盤まで6度目のステージ優勝が視野に入っていたものの、最後の最後でそれは夢と終わってしまった。

マルティンは第15ステージ残り64km地点から、ブレークアウェイを最高のタイミングで仕掛け、同アタック開始後まもなくして2位に1分半のリードをとった。

レース後マルティンは同アタックについて、以下を語った。

「チーム内での第15ステージにおける目標は、常に積極的であり続けること、またブレークアウェイをしっかりついていくことだった。僕たち3人のチームは本日のステージで優秀な成績を収められる可能性は極めて低かった。アタックをかける前、周囲を見渡すと、周りにいた選手たちがワレン・バルギルを始めとしてとても強い上り坂の名手ばかりであったため、僕たちが勝つ唯一のチャンスは(傾斜のきつい上り坂でなく)よりフラットなロードで勝負をかけることだった。」

尚、マルティンはアタックをかけてしばらくした後、ワレン・バルギル(チームサンウェブ)に追い付かれることとなったたが、その事について聞かれると、「僕は挑戦した。そして良いリードを稼ぐことができた。但し、最後の長い上り坂は僕にとって傾斜が強すぎ、僕のリズムで上ることができなかった。最後の坂は本当に苦戦したよ。良い挑戦だったとは思っているけどね。そもそも僕が優勝できるチャンスは限定的だったが、最後争った皆は上り坂に強すぎたとしか言えない」と語った。

マルティンが後続集団に追い付かれた後、最高のタイミングでアタックを仕掛けたバウク・モレマ(トレック・セガフレード)がステージ初優勝を飾った。
ただ、その結果にもマルティンは、「このレースについて、”不満足(Disappointed)”という表現をするのは間違っている。本日はとても激しく、また難易度の高い一日であり、その中で最後までチームとして戦い続けたことに満足している。確かにこういう日は、もっと良い結果が出ればと思うが、ツールは幼稚園ではないからね」と最後は言葉少なめに語った。

引用:http://www.cyclingnews.com/news/tony-martin-the-tour-de-france-is-no-kindergarten/

翻訳協力者:坂田裕希/家徳悠介


☐ ツール・ド・フランス 2017
ツール・ド・フランス2017 いよいよ7月1日開幕!
全21ステージ独占生中継!
»詳しくは ツール・ド・フランス特設サイトへ

☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ