走り終えた後、座り込んでしまったバルデ

走り終えた後、座り込んでしまったバルデ

総合順位を決める最後の戦い、個人タイムトライアルの舞台はマルセイユ。22.5kmのコースは「スタッド・ヴェロドローム」がスタート&ゴール、美しい海岸線を並走しファロ宮殿や古い石畳路を抜けノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院の激坂を駆け上がる。

5番目に出走したテイラー・フィニー(キャノンデール・ドラパック プロフェッショナル サイクリングチーム)が29分21秒でゴールし、最初のターゲットタイムとなった。その後ポーランド国内TTチャンピオンを4回獲得しているマチェイ・ボドナール(ボーラ・ハンスグローエ)が28分15秒でベストタイムを更新、TT世界チャンピオンのトニー・マルティンは14秒及ばなかった。

ミカル・クヴィアトコウスキー(チーム スカイ)が第1、第2計測地点でボドナールのタイムを上回り、タイムを更新するかと思われたが1秒届かず。2016年スロベニアTTチャンピオンのプリモシュ・ログリッチェ(チーム ロットNL・ユンボ)はメカトラに見舞われ暫定10位でフィニッシュ。総合10位につけているアルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード)が28分36秒(+21秒)の好タイムを叩き出し暫定5位。総合9位のワレン・バルギル(チームサンウェブ)が29分24秒(+1分19秒)暫定16位でフィニッシュしたため、コンタドールが総合順位を1つあげ9位となりバルギルは総合10位へ。

総合順位2位につけているロメン・バルデ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル)が第1計測ポイントで+45秒、第2計測では+1分17秒と異変を見せる。総合3位のリゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック プロフェッショナル サイクリングチーム)は第1計測+26秒、第2計測+21秒、フィニッシュタイムは28分46秒(+31秒)だったため総合順位が入れ替わった。一方、4位のミケル・ランダ(チーム スカイ)に追い抜かれる可能性がではじめる、前日までのバルデとランダのタイム差は1分13秒。得意な登りでも伸びず満身創痍でフィニッシュしたバルデのタイムは30分18秒(+2分3秒)、29分07秒(+51秒)のランダより総合タイム1秒上回り表彰台3位に留まることができた。

総合首位のクリス・フルーム(チーム スカイ)は盤石な走りで第1計測+2秒、第2計測+3秒フィニッシュタイムでも28分21秒(+6秒)で区間3位とマイヨ・ジョーヌをキープした。チームサンウェブのルームメイト、マイケル・マシューズはマイヨ・ヴェールを、ワレン・バルギルはマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュをキープ。マイヨ・ブランはサイモン・イェーツが、双子で2年連続獲得する(昨年はアダム・イェーツ)という快挙を成し遂げた。

「去年や第11ステージで区間優勝に手が届きそうで届かなかった。今日こそは届くかと3時間待っていた。みんな強いしフルームも本当に速いから、最後までわからなかった。区間勝利できて本当に幸せな気分」(ボドナール勝利後インタビュー)

「道もまっすぐでお客さんも多くて走ってて気持ちよかったです。後ろからジャック・バウアーが24時間かけて追いかけてきたので、バウアーから逃げなきゃって...。3週間応援をありがとうございました、明日も一緒に楽しんでください!」(新城幸也レース後インタビュー)

「言葉がないくらい素晴らしい気分。今までで1番タイム差が拮抗した大会だったけれどマイヨ・ジョーヌでパリに行けるのは本当に誇らしい」(フルーム、レース後インタビュー)

第20ステージ結果

1 マチェイ・ボドナール(ボーラ・ハンスグローエ/ポーランド)in 28'15''
2 ミカル・クヴィアトコウスキー(チーム スカイ/ポーランド)at 00'01''
3 クリス・フルーム(チーム スカイ/イギリス)at 00'06''
4 トニー・マルティン(チーム カチューシャ・アルペシン/ドイツ)at 00'14''
5 ダリル・インピー(オリカ・スコット/南アフリカ)at 00'20''
6 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)at 00'21''
7 ニキアス・アルント(チームサンウェブ /ドイツ)at 00'28''
8 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック プロフェッショナル サイクリングチーム/コロンビア)at 00'31''
9 シュテファン・キュンク(ビーエムシー レーシングチーム/スイス)at 00'34''
10 シルヴァン・シャヴァネル(ディレクトエネルジー/フランス)at 00'37''
・・・
15 ミケル・ランダ(チーム スカイ/スペイン)at 00'51''
22 ファビオ・アル(アスタナ プロチーム/イタリア)at 01'16''
32 サイモン・イェーツ(オリカ・スコット/イギリス)at 01'34''
33 ルイ・メインチェス(UAEチームエミレーツ/南アフリカ)at 01'34''
36 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)at 01'42''
40 ダニエル・マーティン(クイックステップフロアーズ/アイルランド)at 01'52''
52 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル/フランス)at 02'03''
108 新城 幸也(バーレーン・メリダ/日本)at 03'05''

個人総合順位

1 クリス・フルーム(チーム スカイ/イギリス)in 83h 55'16''
2 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック プロフェッショナル サイクリングチーム/コロンビア)at 00'54''
3 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル/フランス)at 02'20''
4 ミケル・ランダ(チーム スカイ/スペイン)at 02'21''
5 ファビオ・アル(アスタナ プロチーム/イタリア)at 03'05''
6 ダニエル・マーティン(クイックステップフロアーズ/アイルランド)at 04'42''
7 サイモン・イェーツ(オリカ・スコット/イギリス)at 06'14''
8 ルイ・メインチェス(UAEチームエミレーツ/南アフリカ)at 08'20''
9 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)at 08'49''
10 ワレン・バルギル(チームサンウェブ/フランス)at 09'25''
・・・
11 ダミアーノ・カルーゾ(ビーエムシー レーシングチーム/イタリア)at 14'48''
12 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)at 15'28''
15 エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)at 33'21''
109 新城 幸也(バーレーン・メリダ/日本)at 03h 18'16''

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ