昨年アークティック・レース・オブ・ノルウェーを制したジャンニ・モスコン

昨年アークティック・レース・オブ・ノルウェーを制したジャンニ・モスコン

フィヨルドのうねった海岸線をなぞり、短い夏に一斉に萌え出る緑を愛でながら、8月10日(木)から13日(日)までの4日間、アークティックレース・オブ・ノルウェーが北極圏を走り抜ける。いつまでも薄明るく白い空の下で、色とりどりの自転車ジャージが熱戦を繰り広げる。

2013年に創設され、今年で5回目を迎えるヨーロッパツアー超級のステージレースは、「地上で最も北の自転車レース」と銘打たれている。なにしろ「北への道」という国名を持つノルウェーの、その中でも「北の北」と呼ばれる地方だけで行われる。しかもアークティックとは文字通り、北極圏のこと。つまりプロトンは4日間丸々、防寒具に身を包んだたくさんのファンに見守られながら、北緯66度33分線の北極線より北だけを走る。

氷河が作り上げた複雑な地形を持つこの地域で、初代チャンピオンに君臨したのは地元の英雄トール・フースホフトだった。3年前に現役を退き、現在は大会アンバサダーを務める「上れるスプリンター」は、4日間で4度行われた集団スプリントのうち2つを制して総合優勝を手に入れた。大会2年目にはアレクサンドル・クリストフとラーシュペッテル・ヌールハウという、2人のノルウェー選手が、それぞれ総合2位と3位に入った。2015年にはクリストフがポイント賞を、地元コープチーム所属のオーグスト・イェンセンが山岳賞を獲得した。しかし昨年は、残念ながら、地元ノルウェーに栄光は訪れなかった。

だから、今年こそは、と地元ファンの期待は否応なしに高まる。なにしろ、やはり「上れるスプリンター」のクリストフが、大会直前に欧州チャンピオンの座に輝いたから!

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ