1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他


男子シングル

ビクトリー&ピクトリ

ショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)の2種目を滑走する

ポイント

4回転ルッツやフリップ、ループと、高難度のジャンプに挑戦する選手が増えたが、ジャンプ以外の要素を取りこぼさないことが勝利への鍵。

 

自分で選んだ音楽の曲想を表現する。ジャンプ、スピン、ステップからなる合計7つの要素で構成されたプログラムを滑走。演技時間:2分40秒 ±10秒

ビクトリー&ピクトリ

a)アクセル系のジャンプ
2回転、または3回転

b)単独のジャンプ
3回転、または4回転。複数のコネクティング・ステップあるいはフリー・スケーティング動作より直ちに。

c)ジャンプ・コンビネーション
2回転+3回転、3回転+3回転、2回転+4回転、または3回転+4回転。ソロ・ジャンプと異なる種類。

d)フライング・スピン
あらゆるタイプのフライング・スピン。着氷後最少8回転。

e)スピン:足換え1回のみのキャメルまたはシット。フライング・スピンのランディング・ポジションとは異なるもの 各足最少6回転(合計12回転)。

f)スピン・コンビネーション
足換え1回のみ、少なくとも2種類の基本姿勢。各足最少6回転(合計12回転)。

g)ステップ
氷面を十分に活用したステップ・シークエンス。


自分で選んだ音楽の曲想を、原則的に自由な演技で表現。プログラムに含むことのできる要素を構成して滑走。演技時間: 4分30秒 ±10秒

<ジャンプ>

●最大8回
・1つはアクセル・タイプのジャンプを含む
アクセルを含むいかなるダブルジャンプも(単独でも、コンビネーション/シークエンスの一部としても) 2回まで
・トリプル、クワドの2種類のみ、コンボ/シークエンスで繰り返し可能
単独として繰り返された場合には2つめに記号“+REP”が付き、本来の基礎値の70%になる
・ジャンプ・コンビネーション、ジャンプ・シークエンスは、最大3回まで可能
・1つのジャンプ・コンビネーションは最大3個までのジャンプを含んでよく、残りの2つは最大2個までのジャンプとする

<スピン>

●最大3回
・スピン・コンビネーション
・フライング・スピンまたはフライング・エントランスのスピン
・1種類ポジションのスピン
・コンビネーションは最少10回転、それ以外は最少6回転

<ステップ>

・氷面を十分に活用したステップ・シークエンス
どのような種類のステップ・シークエンスを行うかの選択は全く競技者の自由だが、短すぎてやっとそれと分かるようなものはステップ・シークエンスの要件を満たすとはみなされない。
ステップ・シークェンスの中でジャンプを行ってもよい。

・コレオグラフィック・シークエンス
最大2回転までのジャンプ、スピンを含むことができ、ジャンプ、スピンを行ったものとして数えない。
どのような種類のコレオグラフィック・シークエンスを行うかの選択は全く競技者の自由だが、シークエンスははっきりと目に見えるものでなければならない。
レベルは固定し、GOEでその質を評価する。

・コレオグラフィックはステップの前もしくは後に実施することができる。

※スピンのポジションとして認められるには2回転必要

このページの上部に戻る


女子シングル

ビクトリー&ピクトリ

男子同様ショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)の2種類を滑走

ポイント

トップ選手には3回転+3回転のコンビネーションジャンプは必須。スピン、ステップや表現力など、他の要素も優れていれば大きな武器となる。

 

自分で選んだ音楽の曲想を表現する。ジャンプ、スピン、ステップからなる合計7つの要素で構成されたプログラムを滑走。演技時間:2分40秒 ±10秒

ビクトリー&ピクトリ

a)アクセル系のジャンプ
2回転、または3回転。

b)単独のジャンプ
3回転。複数のコネクティング・ステップあるいはフリー・スケーティング動作より直ちに。

c)ジャンプ・コンビネーション
2回転+ 3回転、3回転+3回転。ソロ・ジャンプと異なる種類。

d)フライング・スピン
あらゆるタイプのフライング・スピン。着氷後最少8回転。最少8回転。

e)スピン
レイバックまたはサイドウエイズ・リーニングあるいは足換え無しのシット/キャメル。最少8回転(規定の姿勢で)。

f)スピン・コンビネーション
足換え1回のみ、少なくとも2種類の基本姿勢。各足最少6回転(合計12回転)。

g)ステップ
氷面を十分に活用したステップ・シークエンス。


自分で選んだ音楽の曲想を、原則的に自由な演技で表現。プログラムに含むことのできる要素を構成して滑走。演技時間:4分 ±10秒

<ジャンプ>

●最大7回
・1つはアクセル・タイプのジャンプを含む
アクセルを含むいかなるダブルジャンプも(単独でも、コンビネーション/シークエンスの一部としても) 2回まで。
・トリプル、クワドの2種類のみ、コンボ/シークエンスで繰り返し可能。単独として繰り返された場合には2つめに記号“+REP”が付き、本来の基礎値の70%になる。
・ジャンプ・コンビネーション、ジャンプ・シークエンスは、最大3回まで可能
・1つのジャンプ・コンビネーションは最大3個までのジャンプを含んでよく、残りの2つは最大2個までのジャンプとする。

<スピン>

●最大3回
・スピン・コンビネーション
・フライング・スピンまたはフライング・エントランスのスピン
・1種類ポジションのスピン
・コンビネーションは最少10回転、それ以外は最少6回転

<ステップ>

・氷面を十分に活用したステップ・シークエンス
どのような種類のステップ・シークエンスを行うかの選択は全く競技者の自由だが、短すぎてやっとそれと分かるようなものはステップ・シークエンスの要件を満たすとはみなされない。
ステップ・シークエンスの中でジャンプを行ってもよい。

・コレオグラフィック・シークエンス
最大2回転までのジャンプ、スピンを含むことができ、ジャンプ、スピンを行ったものとして数えない。
どのような種類のコレオグラフィック・シークエンスを行うかの選択は全く競技者の自由だが、シークエンスははっきりと目に見えるものでなければならない。
レベルは固定し、GOEでその質を評価する。

・コレオグラフィックはステップの前もしくは後に実施することができる。

※スピンのポジションとして認められるには2回転必要

このページの上部に戻る


ペア

ビクトリー&ピクトリ

男女1名ずつで組み、ショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)の2種目を滑走する

ポイント

シングルの技術を基礎とし、ペア独自の要素であるリフト、スロウジャンプ、デススパイラルなどが加わる。4回転スロウジャンプに挑戦するカップルも増えている。

規定された7つの必須要素(リフト、ジャンプ、スピン、ステップシークエンス)でプログラムを構成。演技時間:2分40秒 ±10秒

a)リフト
ラッソー・リフト・テイクオフ グループ5(ハンド・トゥ・ハンド・ポジション)。
男性は少なくとも1回転、最大3回転半。

b)ツイスト・リフト
男性が女性を持ち上げ、女子を空中に放り投げて回転させたのち、男性が受け止める、2回転または3回転。ルッツまたはフリップ・テイクオフ。

c)スロウ・ジャンプ
男性が空中に女性を放り投げるようにして、女子をジャンプさせる、2回転または3回転。

d)ソロ・ジャンプ
2回転または3回転。

e)ソロ・スピン・コンビネーション
1回足換えのみ、少なくとも2種類の基本姿勢、各足最少5回転。足換えと姿勢の変更は同時でも別個でも良い。

f)デス・スパイラル
バックワード・インサイド 少なくとも1回転(男性はピボット、女性はデス・スパイラルのポジション)。

ビクトリー&ピクトリ

g)ステップ・シークエンス
氷面を十分に活用。

※ スピンのポジションとして認められるには2回転必要


自分で選んだ音楽の曲想を表現。規定された要素を含むバランスの良いプログラムを滑走。演技時間:4分30秒±10

<リフト>

●リフト
3回まで。男性は少なくとも1回転、最大3回転半。すべてがグループ5(ハンド・トゥ・ハンド・ポジション)ではいけない。リフトの中の1つのみキャリーを含むことができる。

●ツイスト・リフト
1回まで。

<ジャンプ>

●スロー・ジャンプ
2回まで。(異なった種類)

●ソロ・ジャンプ
1回まで。

●ジャンプ・コンビネーション、またはジャンプ・シークエンス
1回まで。ジャンプ・コンビネーションは2つまたは3つのジャンプを含むことができる。
ソロ・ジャンプを加えて2回転を超えるジャンプはすべて異なったもの、しかし、ジャンプ・コンビネーションあるいはジャンプ・シークエンスの中で繰り返すことはできる。

<スピン>

●ソロ・スピン・コンビネーション
1回まで。コンビネーションにおいて足換えは任意。最少10回転以上。

●ペア・スピン・コンビネーション
1回まで。コンビネーションは両パートナーとも少なくとも足換え1回を含めるが、同時に行う必要はない。また少なくとも1回の姿勢変更が必要。

●デス・スパイラル
1回まで。ショート・プログラムと違うもの(バックイン以外)。少なくとも1回転(男性はピボット、女性はデス・スパイラルポジション)。

<シークエンス>

●コレオグラフィック・シークエンス
1回まで。どのような種類のコレオグラフィック・シークエンスを行うかの選択は全く競技者の自由だが、シークエンスははっきりと目に見えるものでなければならない。2回転までのジャンプ、スピン、小さいリフトを含むことができ、ジャンプ、スピン、小さいリフトを行ったものとして数えない。レベルは固定し、GOEでその質を評価する。

※ スピンのポジションとして認められるには2回転必要

このページの上部に戻る


アイスダンス

ビクトリー&ピクトリ

男女一名ずつで組み、ショートダンス(SD)とフリーダンス(FD)の2種目を滑走する

ポイント

男女シングル、ペアと違い、1回転半以上のジャンプや、男性が女性を自分の肩より上にあげるリフトなどは禁止され、より正確なエッジ、ターンが求められる。

 

シーズン毎に指定されるリズムとテーマに合わせ、5つの規定要素が含まれたプログラムを滑走する。プログラムは「パターンダンスパート」と「クリエイティヴパート」で構成されること。演技時間:2分50秒±10秒

●パターンダンスパート
・リズム:ミッドナイトブルース
・規定要素:ミッドナイトブルース1セクション(#5〜#14)

●クリエイティヴパート
・リズム:ブルース/スイング/ヒップホップ(ブルースの他にひとつのリズム選択が必須)
・規定要素:ショートリフト1回、パーシャルステップシークエンス(ホールドあり)1回、非接触ミッドラインステップシークエンス または 非接触ダイアゴナルステップシークエンス または 非接触サーキュラーステップシークエンス1回、シークエンシャルツイズル1回

※ ミッドナイトブルース #5はジャッジ反対側よりスタート


自由なリズムで構成されたプログラム。 リフト、ダンススピン、ステップシークエンス、シンクロナイズドツイズルなどの規定された要素を使用し、バランスの良いプログラムを滑走すること。 演技時間:4分±10秒

a)ダンスリフト
・ショートリフト(ステーショナルリフト、ストレートラインリフト、 カーブリフト、 ローテーショナルリフト(7秒以内))1回、コンビネーションリフト(基本2つの異なるショートリフトを組み合わせたもの(12秒以内):例外有)1回
または
・ショートリフト(ステーショナルリフト、ストレートラインリフト、 カーブリフト、 ロテーショナルリフト (7秒以内))3回(異なるタイプ)

b)ダンススピン
・スピン1回 または コンビネーションスピン1回

c)シンクロナイズドツイズル
・1回

d)ストレートライン・ステップ・シークエンス
・ダイアゴナル・ステップシークエンス(ホールドあり)1回
または ミッドライン・ステップシークエンス(ホールドあり)1回

e)カーブド・ステップ・シークエンス
・サーペンタイン・ステップシークエンス(ホールドあり)1回
または サーキュラー・ステップシークエンス(ホールドあり)1回

f)コレオグラフィックエレメンツ
・コレオエレメンツ(コレオグラフィック・ダンスリフト、コレオグラフィック・スピニング・ムーブメント、コレオグラフィック・ツイズル・ムーブメント)2回(異なるタイプ)

このページの上部に戻る


点数の見方

▼クリックすると詳しい情報が見られます 点数の見方

※この採点表は、シングルの採点表です。

  1. 1. フィギュアスケートの採点は、技術点と演技構成点の合計得点からなります。また、ジャンプの回転不足やエッジエラー、転倒や演技中断などの違反は、採点のマイナス要素となります。
  2. 2. フィギュアスケートは、シングルの場合、SPでは男女ともに7つ、FSでは男子は13、女子は12の技術要素を入れる必要があります。また、ジャンプ、ステップ、スピンなどすべての技術要素には基礎点があります。
  3. 3. 基礎点に加え、1つ1つの演技の出来映えを評価するGOEと呼ばれる加減点があり、ジャッジは+3から-3で評価。その平均値を足したものが技術点となります。
  4. 4. GOEと演技構成点は、複数のジャッジが出した点数の最高値と最低値を除いた平均値となります。
  5. 5. ステップ、スピン、リフト、デススパイラルには、その演技の工夫に応じて、レベル1からレベル4まであり、レベル4が最高得点となります。
  6. 6. 演技構成点は、プログラムコンポーネンツと呼ばれ、10点満点(0.25刻み)でジャッジが評価した平均値となります。また、得点には種目ごと、技術点と得点が近くなるよう加重係数Factorがかけられています。
  7. 7. 今シーズンより3〜4度目の転倒は「-2」、5〜6度目の転倒は「-3」と、減点が厳しくなりました。一方で、ジャンプの重複についての減点は軽減されました。また、ジャッジの匿名性も廃止されました。

このページの上部に戻る


基礎点一覧

トリプルアクセル ビクトリー&ピクトリ

ジャンプ基礎点

▼クリックすると詳しい情報が見られます ジャンプ基礎点

スピン基礎点

▼クリックすると詳しい情報が見られます スピン基礎点

ステップとコレオグラフィックシークエンスの基礎点

▼クリックすると詳しい情報が見られます シークエンス基礎点

このページの上部に戻る



J SPORTS オンデマンド
今すぐフィギュアスケートを2週間無料お試し体験!

ピックアップ動画

KENJIの部屋 神﨑範之氏 エピソード予告

“年末スペシャル”神範之氏

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

twitterフィギュア

小学館バナー
twitter

ウィンター 人気記事ベスト3

ウィンター記事一覧

J SPORTS オンラインショップ情報
J:com

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.