1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

チーム紹介

UCIワールドチーム

チーム スカイ
TEAM SKY

イギリス国旗イギリス
チーム スカイ:チームジャージ
■スポンサー:
SKY(衛星放送事業)
■バイク:ピナレロ
Pinarello
■チームWebサイト:
www.teamsky.com
■チームからひとこと:

チーム創設当時から一貫して主張してきた「クリーンさ」に、昨季、疑問が投げかけるような事例が相次いだ。それでも成績面では、これ以上ないほど、素晴らしいシーズンだった。クリス・フルームがツール・ド・フランス総合3勝目を手にし、チーム史上初めてモニュメントも勝ち取った。

2017年も変わらず、クリス・フルームが絶対的リーダーを務める。目標はもちろんツール総合4勝目。一方でフルームの過去3度のツール優勝を支えてきたゲラント・トーマスは、今年のジロで、いよいよ総合争いデビューを果たす。すでにジロ総合3位の経験を持つミケル・ランダも、自らを再証明するためにイタリア一周に乗り込む。

ウァウテル・プールス、セルジオ・エナオ、ベニャト・インチャウスティ、ピーター・ケノーも、それぞれビッグレースでリーダーを張る実力を有する。ただしグランツールに限っては、今年もフルームの護衛役として身を粉にして働く。新加入のケニー・エリッソンドとディエゴ・ローザにも、山岳アシスト役としての仕事が期待される。

新たなクラシックタイトルも欲しい。全地形型のミハウ・クフィアトコフスキーを筆頭に、石畳巧者イアン・スタナード、昨リエージュ覇者プールス、昨イル・ロンバルディア2位ローザと、実力者は揃っている。昨季新人ながらアークティック・レース総合を制したジャンニ・モスコンも、さらなる活躍が楽しみだ。

UCIワールドチーム

UCIワールドチームとは…?
UCIプロツールと共に誕生したのがUCIワールドチーム制度。成績、財政、運営など多角度から評価され、プロチームはUCIワールドツアーの全レースに出場する権利と義務を持つ。

アージェードゥゼール ラ モンディアル:ジャージ
フランス
アスタナ プロチーム:ジャージ
カザフスタン
バーレーン メリダ プロサイクリングチーム:ジャージ
バーレーン
BMCレーシングチーム
:ジャージ
アメリカ
ボーラ・ハンスグローエ:ジャージ
ドイツ
キャノンデール・ドラパック プロサイクリングチーム:ジャージ
アメリカ
ディメンションデータ:ジャージ
南アフリカ
エフデジ:ジャージ
フランス
ロット・ソウダル:ジャージ
ベルギー
モヴィスター チーム:ジャージ
スペイン
オリカ・スコット:ジャージ
オーストリア
UAE チーム・エミレーツ:ジャージ
UAE
クイック・ステップ フロアーズ
ベルギー
チーム カチューシャ・アルペシン:ジャージ
スイス
チーム ロットNL・ユンボ
オランダ
チーム スカイ
イギリス
チーム サンウェブ
ドイツ
トレック・セガフレード
アメリカ

UCIプロコンチネンタルチーム

UCIプロコンチネンタルチームとは…?
UCIワールドチームの下に位置づけられるカテゴリー。レースの開催国に本拠地がある、有力選手が在籍しているなどを元に選定され、ワイルドカードや主催者の推薦によって、UCIプロツアーのレースに出場することができる。

コフィディス、ソリュシオンクレディ:ジャージ

コフィディス、ソリュシオンクレディ
COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS

フランス
ディレクトエネルジー:ジャージ

ディレクトエネルジー
DIRECT ENERGIE

フランス
ニッポ・ヴィーニファンティーニ:ジャージ

ニッポ・ヴィーニファンティーニ
NIPPO - VINI FANTINI

イタリア


J SPORTS オンデマンド
J SPORTSを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

Twitter

facebook



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.