わずか118.5kmという短距離走だった。スタートからフィニッシュまで、全力で駆け抜けようと企てる者がいたとしても、決しておかしくはなかった。大方の予想を裏切ることなく、アルベルト・コンタドールが、偉大なるチャンピオンとしての意地を見せた。自他共に予想外の動きを見せて、総合首位ナイロ・キンタナは自ら逃げに飛び込むと、マドリードでのマイヨ・ロホ獲りにぐんと近づいた。総合2位クリス・フルームはひとりぼっちの戦いを強いられ、タイムを大きく失った。カオスに満ち満ちたこの日、いの一番にアタックを打ったジャンルーカ・ブランビッラが、最後の加速を栄光へと結びつけた。

スタートからわずか6kmで、運命の逃げは決まった。ブランビッラが飛び出し、アルベルト・コンタドールもためらわず加速を切った。マイヨ・ロホはこの動きを見逃さなかった。

たとえ「総合優勝はもはや難しいだろう」と宣言しようとも、尽きることない攻撃性と高い戦術能力を備え持つ男が、必ずや何かとてつもないことをしでかすに違いないことは明白だった。2012年第17ステージにゴール前50kmで飛び出し、総合28秒の遅れをひっくり返した、いわゆる「フエンテ・デの大逆転」の再現。それをグランツール制覇7回の王者が密かに狙っていることなど、地球上の誰もが知っていた。

クリス・フルームだって分かっていた。この夏、アルベルト・コンタドールのツール途中棄権時には、「これで、もしかしてゴール前100kmでアタックを仕掛けられるかもしれない、とハラハラする必要はなくなった」と冗談めかしたコメントを寄せた。この日もアルベルト・コンタドールが動き出し、ナイロ・キンタナが同調した時に、すかさず自ら穴を埋めに行ったほどだ。

しかし、アルベルト・コンタドールナイロ・キンタナだけが前に行き、クリス・フルームは第2集団へと取り残された。逃げ集団内では、ティンコフのアシストが2人、モヴィスター チームのアシストも2人、しっかりとリーダーの動きに同調した。大物たちのにらみ合いに紛れて、マトヴェイ・マミキンとファビオ・フェリーネも逃げに滑り込み、山岳賞を争うケニー・エリッソンドとオマール・フライレも、2日連続のポイント収集に乗り出した。また総合11位のダヴィデ・フォルモロとチームメートのモレノ・モゼール、同じく総合14位のダヴィド・デラクルスとチームメートのブランビッラにとっても、牽引に協力する理由は多いにあった。だから14人は、一心不乱に先頭交代を続けた。アルベルト・コンタドールナイロ・キンタナも、例外ではなく、前を引いた。

追走する側のクリス・フルームは、頑なに前を引かなかった。前ステージの奮闘で疲弊したアシストのほぼ全員が、後方に置き去りにされていたからだ。おそらく逃げ形成当初は、仲間たちが追い付いてくるのを待つつもりだった。なにしろ護衛役は2人しか残っていない。

残念ながら、5人の人材を揃えていたモヴィスター チームが、第2集団の減速を決して許さなかった。前を脅かさぬ程度に牽引したり。老獪なるアレハンドロ・バルベルデが囮アタックを繰り出したり。このスペインチームの策に翻弄されるうちに、後方からの合流はもはや望めなくなり、しかもアシストの1人はあえなく脱落していった。

同じく罠にはまった総合3位エステバン・チャベスと4位サイモン・イェーツも、3人のアシストを残していた。しかしモヴィスター チームにさんざんもてあそばれた果てに、オリカ・バイクエクスチェンジは、先頭交代から一旦手を引いた。自ずとチーム スカイ最後の頼みの綱、ダビ・ロペスガルシアだけが、第2集団の牽引役を一身に引き受けることになった。このスペイン人も、残り55kmで、とうとう力尽きる。前方ライバルたちとのタイム差は、約3分にまで広がっていた。

お知らせ

J SPORTSでサイクルロードレース徹底放送!
グランツール全ステージ生中継!

ブエルタ・ア・エスパーニャ 〜9月11日(日)まで
※ジロ・デ・イタリアは終了しました。
※ツール・ド・フランスは終了しました。
»ご加入はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ